働き方・ライフスタイル

3500人にプログラミングを教えてきた迫佑樹さんが「タピオカ店」を始めた理由

各業界の著名人にインタビューをして仕事のヒントを得ようという、この企画。今回はこれまで3500人にプログラミングを教えてきて、現在は株式会社スキルハックスの代表取締役として活躍をしている迫 佑樹さんにお話をうかがいました。

6秒動画のVineがきっかけ。RaMuさん「唯一無二の存在になりたい」

RaMu(らむ)さん 1997年生まれ。埼玉県出身。グラビアアイドル・タレント・YouTuberとして活動中。趣味はゲームと映画。Twitterフォロワー数24万人超、YouTubeチャンネル登録者数22万人超。 Twitter:@dpandaramu 各業界の著名人にインタビューをして仕事の…

平成を代表する名投手 斉藤和巳が語る”プロ野球選手のセカンドキャリア”

元・福岡ソフトバンクホークス投手。パ・リーグ史上初の2度の沢村賞、2リーグ制以降4人目の投手五冠など平成を代表する右腕 斉藤和巳。 プロ野球選手のセカンドキャリアについて語ってもらった。

リモート前提の働き方! さくらインターネット、これからの働き方

≫ あなたの「やりたいこと」をさくらインターネットで一緒に実現してみませんか? 新型コロナウイルスの影響で、これまでリモートワークをする習慣がなかった会社でもリモートワークが浸透してきました。「新しい生活様式」が求められ、日本全体が試行錯誤を…

インドカレーですべて解決! カレー作りで仕事もプライベートも美味しく改善

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? 元さくらインターネット所属、デザインエンジニアの小木曽(こぎそ)です。 現在は六本木辺りの某企業で、主にSaaSのUI設計に携わっていますが、同時にフリーランスのWebエンジニア、デザイナー、ア…

「仕事を楽しむのはダメ?」水中写真家 鍵井 靖章さん × さくらインターネット 田中 邦裕

水中写真家 鍵井 靖章さん さくらインターネット代表取締役社長 田中邦裕 ≫ あなたの「やりたいこと」をさくらインターネットで一緒に実現してみませんか? 水中写真家 鍵井 靖章さんと、ダイビング歴6年、さくらインターネット代表の田中による対談の様子を…

「ラランド」 サーヤさんに”お笑い芸人の働き方改革”について聞いた

各業界の著名人にインタビューをして仕事のヒントを得ようという、この企画。今回は、お笑い芸人としての活動をしながら、広告関係の会社で会社員として働いているラランドのサーヤさんにお話をうかがいました。キャリアの話や今後やりたいことについて語っ…

世界中を旅しながら働くアルトゥルさんにリモートワークのコツを聞く

各業界の著名人にインタビューをして仕事のヒントを得ようという、この企画。今回は、ラトビア出身のプログラマー、アルトゥルさんにお話をうかがいました。これまでのキャリアや、ジョージアでの暮らし、今後やりたいことについて語っていただきました。

リモートワークを3ヶ月実践して分かった「シンブンソウ」の重要性

≫ フルリモート勤務も可能!「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? お疲れ様です! たけもこです。 新型コロナウイルスの影響でリモートワークが日常になって早3ヶ月。私は、もう以前の出社生活には戻れないとビクビクしております。 出社が…

「ダーツを文化にしたい」森田 真結子さんが語る ”やりたいこと”

各業界の著名人にインタビューをして仕事のヒントを得ようという、この企画。今回はプロダーツプレーヤーとして活動しながら、ご自身でダーツができるcafe&barのオーナーをしている森田真結子さんにお話をうかがいました。

「いま写真の力を信じよう」水中写真家 鍵井 靖章さんが発信を続ける理由

東日本大震災から3週間後に東北の海へ ーー他にも思い出に残るエピソードはありますか? 9年前、2011年3月11日に東日本大震災があったじゃないですか。僕は震災から3週間後に岩手県まで単独で潜りに行ったんです。いまでも潜りに行っているんですけど、岩手…

若者にはアフターコロナ社会を「どうぶつの森」のように思うがままにカスタマイズしてもらいたい

≫ 副業にも挑戦可能!「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? 世の中がこれからどうなるのかわからない。 こんにちは。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。フミコフミオです。今回は、40代後半である中年会社員の僕から、今しか出来ない、…

「ひとりぼっち」でも、生産性を上げる方法を”最強のひとりぼっち”から学ぶ

≫ フルリモート勤務も可能!「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、3月から原則在宅勤務となり、自宅で仕事をする人が増えています。緊急事態宣言が全国的に解除されてからも、さくらインターネット…

「様々な部署を経験したことが、広報の仕事に役立っている」さくらインターネット広報担当インタビュー

さくらインターネットの中の人を知ってもらうため、社員にインタビューをしていく、この企画。今回は広報担当の阿部紘子に現在の業務やこれからやりたいことについて語ってもらいました。

DDTとノアの社長を務める、”大社長” 高木三四郎が経営者として決断した「当然の選択」

”大社長” 高木三四郎さんがサイバーエージェントの藤田晋社長に「経営者なら当然の選択ですよね」と評価された選択とは?

さらば青春の光 森田哲矢さん「お笑いで飯を食えてるだけで幸せ」

各業界の著名人にインタビューをして仕事をするうえで必要なことを学ぼうという、この企画。今回はお笑い芸人のさらば青春の光 森田哲矢さんにオンラインでお話をうかがいました。 仕事の話や今後やりたいと思っていることについて語っていただきました。

Instagramのフォロワー 約55万人! パントビスコさん「好きなことだから続けられる」

ーーパントビスコさんはイラストを毎日更新されていますが、続けることは相当大変だと思います。毎日続けるためのコツを教えてください。 『カオス絵日記』というものが、Instagramで火をつけていただいたきっかけになるんですが、いまは他のシリーズを充実…

在宅勤務と育児の両立は、やはり無理! 実体験から分かった、小さい子どもと一緒に過ごす在宅勤務

我が家は夫と息子(2歳になったばかり)、そして私の3人家族です。夫はリモートワークが難しい職種のため、緊急事態宣言後も会社へ出勤しています。そのため、登園を自粛するということになると、私が仕事をしながらひとりで子どもをみるしかありません。 保…

「やりたいことをやる」年齢は関係ない。相原みぃさんのパラレルキャリアを実践するコツ

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? 相原みぃ(あいはら みぃ)さん IT企業で働きながらモデル活動もしているパラレルワーカー。現職では総務をメインに広報・経理・労務・人事採用と管理系業務を幅広くおこなっている。いままでにマネ…

生産性向上の方法とは? 3つの具体的施策と2社の成功事例から考える

日本は世界的な少子高齢社会なので労働人口はこれから減ってしまうことが予想されます。人手不足や日々競争にさらされる企業経営の現場では「生産性向上」は最も力を入れて取り組むべきテーマです。 また同時に、会社で働く従業員にとっても生産性が向上すれ…

フォロワー増えて人生変わった。SNSがパラレルキャリアのきっかけ

はじめまして、ツイッタラーです。たけもこ こんにちは! 竹本萌瑛子(たけもと もえこ)と申します。「たけもこ」と覚えてください。 本日から月に1回の連載を書かせていただきます。 現在IT企業にてデジタル広告領域でのマーケティング職に就き、同時に個…

ワークシェアリングの導入で働き方改革と生産性向上を目指す

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? 導入企業が増えているワークシェアリングとは こんにちは。さくマガ編集部です。 今回は「ワークシェアリング」についての記事をお届けします。ワークシェアリング(work sharing)は、2019年に日本…

「仕事を任せる」で楽になる。「超」五月病で憂鬱になるのを回避する方法

「超」五月病に注意しよう。 こんにちは。フミコフミオです。「仕事を楽にする」をテーマにしている当連載ですが、今回は、この季節特有の五月病にならないためのテクニックを僕の経験をまじえてお話させていただく。「ありがち…」とか冷たいことを言わずに…

起業する時に書いた「夢ノート」 みんなが集まれるスポーツコミュニティを作りたい

南 隼人(みなみ はやと)さん 株式会社Gifut 代表取締役CEO。大学在学中にラジオDJを志し、オーストラリアに語学留学。帰国後、ウィンタースポーツのDJとしてキャリアをスタートし、スキー、スノーボード、自転車レースの大会実況やバスケットのMCなど経験…

真似ることは学ぶこと。営業職からグラビアアイドルに転身した西島ミライさんの異例キャリア

西島ミライ(にしじま みらい)さん ゼロイチファミリア所属。グラビアアイドル、モデルとして活動中。大学卒業後に新卒で不動産会社に入社。営業部で最速1位の営業成績を残す。不動産会社退職後に離島でバスガイドの仕事をした後にグラビアアイドルへ転身。…

男性の育休について、男性育児休業取得率から考える

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? こんにちは。さくマガ編集部です。今回の記事では男性の育児休暇について書きたいと思います。最近、政治家の小泉進次郎さんが育児休業をすると宣言をしたことが大きく取り上げられました。 政府は…

アマゾンには明確なミッションとビジョンがある。元アマゾン ジャパン広報本部長 小西みさをさん

今回は元アマゾン ジャパン広報本部長で現AStory代表の小西みさをさんにお話をうかがいました。アマゾンでのお話や広報業務に必要なことについて語っていただきました。

パラレルキャリアとは? パラレルキャリアのメリットや実践での注意点を解説

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? こんにちは。さくマガ編集部です。 最近はひとつの会社に勤めながら、いろいろな場所でいろいろな人と触れ合い、常に成長していきたいという人もいます。 ひとつの会社で定年まで働くのが厳しくなっ…

環境が変わるこの春、”立ち止まる勇気”を持ってほしい【適応障害にならないために】

フリーランス国際協力師の原です。 「心の『本音』に耳を傾けよう。適応障害になり、僕は大好きだった仕事を辞めた。」の記事でも紹介しましたが、僕は大学を卒業して2ヶ月が経った頃、2018年5月末に「適応障害」という心の病を発症しました。 学生時代から…

「3割サボる」でうまくいく。4月からは効率よく働こう。著者:フミコフミオ

最初にあいさつを はじめまして。僕はフミコフミオ、46才、食品会社で働きながらブログを書き続けている、そこらにいる普通の会社員オッサンだ。今は営業部の責任者を任され、そこそこ忙しい毎日を送っている、平凡な「部長」さんでもある。 僕は、大学を…

2歳の子どもがいる、お母さん社員が在宅勤務(リモートワーク)をやってみた

通勤のために時間と体力をロスしなくていいというのは、単純ですがこんなに良いことだとは思いませんでした。 私にはもうすぐ2歳になる息子がいまして、保育園に通っていますが、とりあえず手を離すととんでもない方向に走り出してしまうお年頃です。 手をつ…

Zoomのバーチャル背景を面白くしてテレワークを楽しもう!

Zoomを活用して効率よく仕事をする。 仕事をするうえで会議が必要なことがありますが、さくらインターネットではZoom(ズーム)というオンラインテレビ会議ツールを使って在宅勤務でも会議ができる仕組みがあります。 今回はこの「Zoom」について書いていこ…

好きな事を仕事にするという事。エンターテインメントは人を救う。

人々を楽しませる娯楽という意味のエンターテインメント。私はすごいパワーを持っていると思いながら表現の仕事をしています。いま、日本中がコロナウイルスのせいで暗い空気に覆われています。 多くのイベントやライブは延期、中止になり、厳重な体制で決行…

会社のファンを増やせる営業の仕事にやりがいを感じる。さくらインターネット社員インタビュー

ーー働き方、ワーク・ライフ・バランスで意識していることはありますか? 遊ぶときは遊ぶ、働くときは働くというメリハリを意識して仕事に取り組んでいます。 プライベートを充実させれば、リフレッシュできて仕事もやる気が出て楽しめます。 例えば休暇でリ…

重たい腰を軽くする「考え方」! 忘れないで、あなたはいつだって自由!!

こんにちは、いつもコラムを読んでいただきありがとうございます。かもめんたるの岩崎う大です。 私は、お笑い芸人であり、役者で、脚本家で、演出家、漫画家であるということからこちらでパラレルワーカーとしてコラムを書かせていただいております。 早い…

うつ病は心の風邪ではなく、心の癌だ。僕はこうして付き合い方を見つけた

前回の記事「心の『本音』に耳を傾けよう。適応障害になり、僕は大好きだった仕事を辞めた。」の中で、過去のうつ病体験記を紹介しました。正確には「適応障害」という病気なのですが、発症直後は強い抑うつ症状に苦しみ、日常生活もままなりませんでした。 …

マックスむらいさん「守りから攻めに転じるため、社長に復帰した」

AppBank株式会社 代表取締役社長CEOに復帰したマックスむらいさん(村井智建さん)にお話をうかがいました。 普段はあまり語られない、ビジネスのお話や今後のAppBank社についても語ってくれました。

テレワークとは? さくらインターネットでは「制度」と「性善説」により導入を実現

最近、新型コロナウイルスの感染拡大により、テレワークに取り組む企業が増えています。 ただ、まだテレワークを導入している企業は2割程度です。 弊社では「制度」と「性善説」によりテレワークを実現しています。

中西哲生 ✕ 安彦考真 人生100年時代のキャリアについて考える

人生100年時代、サッカー選手やアスリートに限らず会社員もセカンドキャリアについて考える必要があります。お二人の対談にこれからのキャリアについてのヒントがあるはずです。

「やりたいことをできるに変える」ため、できることを増やす

営業部のフィールドセールスというチームに所属しています。営業のイメージ通り外回りが多く、お客様と直接顔を合わせて、提案活動をおこなうのが主な仕事です。 入社二年目になりますので、見積りのご案内や構成図の作成などは一人でおこなうことがほとんど…

働き方改革とは? 実現するために、労働者と企業のメリットを考える

働き方改革を実現するために労働者と企業のメリットを考えました。 今回はIT業界の働き方改革についての記事となります。IT業界は他業界と比べるとリモートワークがしやすく、働き方改革に向いている業界といえます。

サガン鳥栖の小林 祐三選手にキャリアやプライベートについて語ってもらいました

小林 祐三(こばやし ゆうぞう)さん。サッカーJ1 サガン鳥栖所属。背番号13。ポジションはサイドバック。Jリーグ通算で481試合出場。Twitter:@KobayashiYuzo13 各業界の著名人にインタビューをしていく、この企画。今回は「さくらインターネット福岡オフィ…

プロ経営者 松本晃さん 働き方改革より「生き方改革」が必要!

元カルビー会長 松本晃さんがキャリアプランや活躍できる人材について語る。 プロ経営者として活躍してきたノウハウが詰まったイベントレポート

スタートアップ都市、福岡で「やりたいことをできるに変えた」

さくらインターネット 櫻井 裕 福岡は当時、国家戦略特区の「グローバル創業特区」に指名され、「福岡はスタートアップ都市である」という宣言がされました。「スタートアップといえば福岡」というお達しが出たわけです。そして私たちはスタートアップの方々…

心の「本音」に耳を傾けよう。適応障害になり、僕は大好きだった仕事を辞めた。

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? 適応障害という病気を知っていますか? うつ病と違い、日本ではまだまだ認知度の低い適応障害。この名前を聞いただけでは、どんな病気か想像することは難しいかもしれません。 かく言う僕自身、自分…

新卒1年目の社員がパラレルキャリアを実践できる理由

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? 岡本 直也(おかもと なおや)。 さくらインターネット株式会社 カスタマーリレーション本部テクニカルソリューション部アカウントサポート所属。フレッシュな1年目。 さくらインターネットの社員に…

自分で維持費を稼ぐ、未来のゴミ箱

なぜ未来ゴミ箱を作ろうと思ったか? 2019年の5月から6月にかけて開催された、ハードウェア系のハッカソン「デジットハッカソン2019」がきっかけでした。初日のアイデア出しで、”大阪市のイメージを列挙する”という作業があり「汚い」「ゴミが多い」など、ポ…

芸能界を引退する、川崎あやさんの「決断力」と「戦略思考」

川崎 あや(かわさき あや)さん。株式会社01familia(ゼロイチファミリア)所属のグラビアアイドル。2014年ランボルギーニのレースクイーンとして活動。2015年東京スポーツ「プロが選ぶアイドルDVD賞2015」のウエスト賞を受賞。2016年に「ミスFLASH2016」グ…

「締め切り君」と良いお友達になろう!

僕の仕事の場合、コンビの新しいコントを収録日までに作らないとけないとします。この時、テーマ「学校」というお題が与えられていたとします。まずシチュエーションを絞りますよね。例えば「冷めた先生と熱血生徒」「モンスターペアレントとモンスターペア…

国際協力は働き方ではなく、生き方だ。ワークアズライフを実践するフリーランス国際協力師

近年はワークアンドライフ(Work and Life)ではなく、ワークアズライフ(Work as Life)という考え方に注目が集まっていることを知っているでしょうか。 ワークアンドライフとは、仕事とプライベートの両方を充実させ、多様な生き方を実現させようという考…