長年勤めた部署からの異動。ポジティブにとらえられた理由は?

「ES(エンプロイーサクセス)実現のためにできることを考える」をテーマにしたこの特集では、実際に異動を経験した方や異動を受け入れた方、キャリアコンサルタントの方などにお話をうかがいます。 第三回目の今回は、長年、データセンターで業務に従事した…

スマートハウスとは?メリット・デメリットをわかりやすく解説

スマートハウスとは、直訳すると賢い住宅のことです。賢い住宅と言われても、よくわからないと思います。この記事では、スマートハウスとはどういう住宅なのか、スマートハウスにすることでどのようなメリット・デメリットがあるかを紹介します。

ハイテクとローテクが混ざり合う中国のカオス。でもDX先進国、なんだよね…!?

DX

「女性、64歳、身長1メートル55センチ。114番線のバスに乗ってどこかへ行き、行方不明になりました」 中国に暮らしていると、街中でしばしば尋ね人の張り紙を見かける。見かけたらお電話はこちらまで、といった内容なのだが、他の国ならいざ知らず中国でこれ…

「そのDX、誰のため?」導入に挫折する意外な失敗の本質とは

DX

今や日本ではデジタル庁が発足し、組織のデジタル化が最優先事項となった職場もあるでしょう。DX推進室などの組織を持ち、どうやって仕事をデジタル化するかに取り組んでいるところもあるかと思います。 ところが、すべてのDXがうまくいくかというとそんなこ…

ナレッジマネジメントとは?メリットや企業事例・活用ツールを簡単に解説

ナレッジマネジメントとは、個人が持つ知識やノウハウを可視化して、会社や組織全体で共有する経営手法です。 この記事ではナレッジマネジメントの意味や、導入することによるメリット、実際の導入事例などについて、わかりやすく簡単に解説していきます。

すべてが電子化されると人間側も「ノーミス」を求められる現実

DX

アナログ作業が続くとケアレスミスにも繋がります。 「先生、お願いしていたあの申請どうなってますか?」 「そちらへお送りした書類の返送待ちですよ!」 「ええっ?…あ、ほんとだ! すみません、すぐに押印して郵送します」 このような無駄なやり取りが多…

「組織の進化を促すカギは次世代の経営層の育成」ネットアシスト 伊藤社長

2000年の創業以来、Webシステムを中心とするインフラ全般の保守運用を手がけてきた株式会社ネットアシスト。手がけたサーバーのホスト数は、30,000を超え多くの企業から信頼を集めています。 株式会社ネットアシストとさくらインターネットの付き合いは長く…

結婚式を51%が諦めた新型コロナ 恋愛市場のDXはなぜ遅れたのか

2020年のブライダル市場は前年比で53.1%まで縮小。これは結婚指輪や新婚家具などを含めた数字だ。もっとも打撃を受けた結婚式市場は、新型コロナ前の48%にまで縮小している。日本では、多くの人が結婚式をオンライン開催しようとは思わなかった。そして、…

「死霊をお送りします」文字コミュニケーションはレクター博士を意識すればうまくいく

仕事における文字コミュニケーションでは、家族や友人とのあいだであれば許されていた誤字、脱字といった間違いが許されないことがある。働く僕らは、仕事上での文字コミュニケーションの間違いとどう付き合っていけばいいのだろうか。考えてみた。 今年の夏…

マーケティングオートメーション(MA)導入に失敗する3つの理由とは?

マーケティングオートメーション(Marketing Automation)とは、マーケティング業務を自動化することや、そのためのシステム・ツールを指す言葉です。略して「MA」とも呼ばれます。 この直訳すれば「マーケティングの自動化」となる言葉それ自体が、MAを理解…

あまり難しいことは言いたくないけど「DXレポート2.1」を読んで感じたこと

DX

2021年8月31日に経済産業省から「DXレポート」の最新版、「DXレポート2.1」が公表されました。筆者はこの公表を心待ちにしていました。 なぜなら一つ手前、去年12月に公表された「DXレポート2」では、”前回のレポートのメッセージが正しく伝わらなかった”と…

長野雅広(@kazeburo)に聞く「さくらインターネットに入社した理由」

約1年前にさくらインターネットへ入社した長野雅広(@kazeburo)。日本における SRE の先駆者ともいえる存在です。 mixi、livedoor、メルカリといったサービス提供会社を経て、サービスを支えるインフラ側であるさくらインターネットに入社した理由を聞きま…

元モーニング娘。小川麻琴さん防災ポーチに入れるもの『ポーチでオッケー!BOUSAI!』

連載『ポーチでオッケー! BOUSAI!』では、常日頃からできて“持ち歩ける防災”をテー マに、ゲストさんにオリジナル防災ポーチを作っていただきます。作るにあたって、重要なルールがあります。それは“重さを500g までに収めること”。

DX時代は「PDCA」ではなく「DC→DC→DC」失敗はマイナスではなくむしろプラス

かつてはビジネスには、「PDCA」が大事だ、と言われました。インターネットの登場により、世の中の動きはどんどん早くなり、このPDCAサイクルだと間に合わない時代になってきました。 では新しい時代のキーワードは何でしょうか。

副業書評家の選ぶ「読むと仕事のモチベーションが上がる漫画」

題して、「副業書評家の選ぶ、読むと仕事のモチベーションが上がる漫画プレゼン」の回! 私、漫画って仕事の話をすごくしてくれる媒体だと思っているんですよね。だって、ほかでもない漫画家さんたちがすごく仕事を頑張っている人たちじゃないですか。漫画を…

時をかけるインターネットは、「いつでもいい」という自由をもたらした

「どこからでもアクセスしてつながることができる」というのが、ネットの最大の武器だと思っていたのです。 でも最近、ネットには「物理的距離無効化」だけでなく、「時間超越」というチートスキルが備わっていることに気づきました。

お客さまと共創する「さくらのモノプラットフォーム」公開ミーティング

現在、さくらインターネットの新たなIoTサービス「さくらのモノプラットフォーム」がβテスト中となっています。本記事では、その公開ミーティングの内容をレポートします。

さくらインターネットでは「ES=エンプロイーサクセス」。”満足”ではなく”成功”をサポートする

第二回目の今回は、”異動を受け入れた側”のES部(人事)担当、矢野理恵に話を聞きました。みなさんは「異動」にどのような印象をお持ちでしょうか? 株式会社リクルートマネジメントソリューションズの調査によると、人事異動に対する意識は管理職に比べて一…

その場で返礼品がもらえる「ふるさと納税自販機」が全国で増加中!? 作った会社に聞いてみた

おトクだけどちょっと面倒な「ふるさと納税」。これがカンタンにできる「IoTふるさと納税自販機」が登場した。 すでに湯河原、相模原、松田(以上神奈川)、小菅村(山梨)の4自治体に設置済で、来年の春までに13自治体が新たに加わる予定だ。 それをやって…

関わる人が多様になれば、自分自身も多様になる。活躍できるビジネスパーソンになるには?

いまは人不足の時代なので、働きたい人は何歳になっても働いてもらったほうが企業としてはありがたいです。とはいえ、「定年制度」があります。 9月に開かれた経済同友会のオンラインセミナーで、サントリーホールディングスの新浪社長が「45歳定年制」につ…

みやぎプロコンで「子どもたちに、作ることの楽しさを伝えたい」

プログラムコンテスト(以下、プロコン)は、さまざまな団体によっていろいろな場所で開催されています。この記事では、宮城県でおこなわれている「みやぎプロコン」に注目しました。 仙台高等専門学校とPCN仙台の共催で、2019年からはじまった「みやぎプロ…

IoTの意味とは?社会が変わる技術の仕組みをわかりやすく解説

IoTとは、さまざまなモノがインターネットにつながる仕組みです。 身近となったスマート家電やスマートスピーカーによって、快適な生活が実現しました。これらの時代のニーズに合った製品にはIoT技術が使われています。しかし、製品を使っていても、IoTにつ…

放置しても自動で売れる?DXで儲かるシステムを作る前に考えたいコミュニケーション

DXさえあれば、じゃんじゃん儲かる? デジタルトランスフォーメーション(DX)を進めれば仕事は効率的になり、儲かる……そんなサービスが世にどんどん出てきた。売上アップにつながるDX。新型コロナウイルス流行下、最も増えたのがECだろう。 地元の農家直送…

石川高専生に聞く「コンテストに参加することで得られるもの」

石川工業高等専門学校(以下、石川高専)は、1965年に設立された国立高等専門学校です。 石川高専はロボットコンテスト(ロボコン)やプログラミングコンテスト(プロコン)、ディープラーニングコンテスト(DCON)といった各種の全国大会に参加。優秀な技術…

おうち時間を幸せに!お取り寄せグルメ特集〜冬編〜

弊社サービス「さくらのレンタルサーバ」をご利用中のお客様が提供しているお取り寄せグルメをご紹介いたします。 今回の特集では「冬」グルメの掲載です。体や心が温まるお鍋やスイーツ、クリスマスや年末年始にぴったりなちょっと贅沢、華やかグルメが大集…

DX推進からはじめる意識と文化のトランスフォーム(変容)

2020年4月には緊急事態宣言が発令され、営業がお客さまへ会いに行けない状況に陥りました。商談ができない危機的状況です。営業部門の役職者と話し合い、営業は何ができなくて、何が必要なのか。デジタルでできることは何か。あることへ舵を切った、と浦部氏…

デジタル大臣 牧島かれん氏が語る「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」

2021年11月10日に「Sansan Innovation Summit2021」がオンライン開催 デジタル大臣に就任した牧島かれん氏が登壇。デジタル庁の施策や今後の取り組みについて語りました。

ロケットニュース24 編集長 GO羽鳥さんに聞く「企画力を磨くための方法」

くだらないことをとことん追求するメディア「ロケットニュース24」。ページビュー(PV)は毎月5000万~6000万を記録。公式Twitterのフォロワー数は21万人を超え、YouTubeチャンネルの登録者数は45万人を超えています。そんな巨大メディアの編集長を務めるの…

出社病にかかった会社上層部に効率化や生産性向上の話をしても無駄なので粛々と結果を出し続けよう

新型コロナ感染拡大が落ち着いて緊急宣言が解除された今、在宅勤務体制から従来の勤務体制に戻す企業が増えている。そして、元の働き方に戻そうとする現状はおおむね歓迎されているようだ。実際、往来や観光地は人であふれ、イベントの観客制限を撤廃されつ…

ネットショップ開設サービス 「STORES(ストアーズ)」を使ってみたら、ImageFluxがめっちゃ活躍してた件

ネットショップ開設サービス「STORES」を使って、売れる商品の写真の撮り方について解説してみたら、STORESの写真表示速度がとても速いことに気づいたので、STORESさんに取材してみました。

コジマジックさんが防災ポーチに入れるもの『ポーチでオッケー!BOUSAI!』

連載『ポーチでオッケー!BOUSAI!』では、常日頃からできて“持ち歩ける防災”をテーマに、ゲストさんにオリジナル防災ポーチを作っていただきます。 作るにあたって、重要なルールがあります。それは“重さを 500gまでに収めること”。 11月は収納王子コジマジ…

聴覚障害者が本当に求めている「合理的配慮」を多くの企業に理解してもらいたい

福島さんは思春期には手話で話すことが恥ずかしいと感じ、使わなくなってしまったそうですが、大学生時代にあらためて手話の勉強をはじめた福島さん。どうして手話を学びはじめたのでしょうか。心境の変化やミライロでおこなっているお仕事、情報保障の話な…

異動した社員に聞く。異動を打診されたときの心境は?

実際に異動を経験した、さくらインターネットの寺西容子に話をうかがいました。 営業事務の仕事から人事の仕事に異動した寺西は、異動を打診されたときにどう感じたのか――

コロナ禍で私たち体育会が挑戦した、アナログからのデジタルシフト

システムを活用した業務効率化に取り組む高橋幸江氏。 「アナログであることを誇りにすら思ってきました」と語る高橋氏が、デジタルトランスフォーメーション(DX)の一歩となる、デジタルシフトに踏み切れた理由を語ります――

DXを可能にする社風作りに必要なのは「デジタルな」人事評価

DXはいきなりIT化だと思っていませんか? DXといえばIT化、給与計算から社内会議まですべてをネットで管理すればいいんでしょ? くらいの理解を、私はしていた。DXがブームになってから、紙の契約書はオンライン署名になり、確認作業は印刷された紙面から画…

勝ち組企業に学ぶ DXで「人材の争奪戦」に勝ち残るための、国際化の重要性

DX

現在、日本中が「DX」のかけ声で溢れていますが、その一方で、なかなかIT化が進まないという声も聞こえてきます。なかでも最もネックになっているのが人材獲得です。 日本でもずいぶん長く、デジタル人材の不足が報道されています。

体調の安定は貯めておけない。仕事と体調のバランスの話

みなさまお元気でしょうか。わたしは……お元気では……ないです! いや、すいません、嘘つきました。元気です。元気なんですよ。この週末もパンケーキを食べて映画を観て宝塚を観てきましたので。遊んでるし仕事してるし元気なんです。 元気なのですが、ものす…

KidsVentureプログラミング教室in埼玉県立越谷特別支援学校

さくらインターネットでは、さまざまな企業と共同で「KidsVenture」という非営利団体を運営しています。 KidsVentureは2015年に設立され、子ども向けの電子工作・プラグラミング教室を運営しています。電子工作・プログラミングを通じて「ものづくり」の楽し…

上司は部下の「リーダー」ではなく「フォロワー」になろう

10年前でも20年前でも、新入社員の方は同じような悩みを持っていたと思います。いまの若い方たちに限った話ではありません。誰もがみんな不安に思っています。私だって新しいところで働くのは不安です。 しかし自分が思うほど、周りは自分のことを見ていませ…

アイティーエムが進める新たなMSPの姿「MCSSP」でお客さまと共創を進める

アイティーエムが、これまで培ってきたMSP事業の経験をもとに「MCSSP(Managed Cloud & Security Service Provider)」事業の展開を新たにはじめた。 2021年10月19日から開始された「クラウドセキュリティ設定診断サービス」を皮切りに、今後もMCSSPサービ…

DXを進めるには? さくらインターネット代表 田中 × コープさっぽろ CIO 長谷川氏 対談

Nomaps 2021では、生活協同組合コープさっぽろ CIO 長谷川 秀樹 氏と、さくらインターネット代表 田中 邦裕が対談。「おしえてDX!これを聞けば社内でDXが正しくはじまる DXってほんとに必要? 協同組合もIT企業もバッサリ斬る!」と題して、DXの進め方と、…

パラレルキャリア実践で大事なのは「挑戦すること」いのうえのぞみさん

「いただいた仕事は断らずに挑戦する」 そう語るのはモデル・フォトグラファー・ライターとして活動している、いのうえのぞみさん。2021年、モデルとしてクラウドファンディングで約600万円の支援を集め、写真集の製作を進めています。フォトグラファーとし…

「お客さまへのファーストタッチを担う」インサイドセールス社員インタビュー

さくらインターネットの中の人を知ってもらうため、さくマガではさまざまな社員にインタビューをしています。 今回はCS本部インサイドセールスの片山 祐大に、現在の業務やこれまでの経験、今後やりたいことなどについて語ってもらいました。

「DX」自体が何かを生み出すわけではない。大切なのは「何を目的としてDXするか」

DX

どこもかしこも「DX」であふれるようになって久しいですが、“生きた現場”では、不思議とDXという言葉はあまり聞かれないものです。 ここでいう“生きた現場”とは、「顧客にとっての価値は何か」が常に意識され続け、働く人々が能動的に思考している場所、を指…

学生向け2021年サマーインターン「ビジネスコース」を開催!~知ろう、これからのスタンダード~

さくらインターネットは2021年8月2日~5日の4日間、2021サマーインターン「ビジネスコース」を開催しました。 今夏実施したインターンシップの様子をお届けします。記事を通してIT企業のリアルを感じ取っていただけるとうれしいです。

よく聞く「サードパーティークッキー廃止」いったい何が問題なの?

Googleが、Webブラウザ「Chrome」での「サードパーティークッキー廃止」を発表し話題になっています。 ネット上でのプライバシー保護の重要性が高まっていることが背景にはありますが、「サードパーティークッキー」とプライバシー保護にはどのような関係が…

内なる遺伝子を呼び覚まし、「DX貴族」のスイッチをONにしよう!

DX

わたしはどこから来たのだろう。 それが知りたくて遺伝子検査を受けてみました。検査項目、実に409。遺伝子は生命の「設計図」。さて、わたしのルーツは?

「観光客の動きをITの力で可視化する」熊本県人吉市長に聞く”観光のDX化”

東京のベンチャー企業である株式会社iTANは、観光客の行動を可視化し、未来の観光客を集客するアプリ「MONOMI(モノミ)」をリリース。観光事業者が利用する「YUSAN(ユサン)」とともに、日本国内の観光復興、そして観光のDX化の一歩を踏み出しました。 ま…

声優・福原香織の仕事観「『福原香織』でいることが楽しい」

2019年よりさくマガにて連載を続けてきた声優・福原香織さん。これまで、福原さんにゆかりのある方との対談や、仕事観などについてご自身で執筆いただいた記事などをお届けしてきました。 連載最終回となる今回は、これまでの内容を振り返ってどう感じている…

スマート農業とは?メリット・デメリットや農家のICT活用事例などを紹介

スマート農業とは、ロボット技術やAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)といった先端技術を活用し、超省力・高品質生産を実現する新たな農業スタイルのことです。 日本の農業分野で徐々に広まりを見せている「スマート農業」。農業のDX(デジタルト…