アフターコロナの世界で、アンドロイドのお姉さんがやりたいこと

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか?

 

こんにちは、アンドロイドのお姉さんです。

新型コロナウイルスの襲来によって人類が大きな危機に直面しています。

多くの方々が直接的、間接的につらい思いを余儀なくされている状況です。

そんな中で私も例外ではなく、仕事のほとんどを失いました。

アンドロイドモデルとして結構早い段階で決まっていたイベント出演はすべて中止、撮影も中止か延期になりました。

 

今は月1回のラジオ収録(感染予防対策として広いスタジオに移動したり、マスク着用のまま収録しています)とライターのお仕事、定期的にYouTubeに動画を投稿しています。

少し前までは夏には新型コロナが収束するんじゃないかと楽観的に考えていましたが、どうやら長引きそうですね。

これだけ世界中が翻弄され、混沌の時代になっている今、新型コロナがどういった形で収束するのかもわからないですが、ある一定の落ち着きを取り戻したあとの世界は今までと全く違う世界になっていると思います。

 

本当に必要とされるものだけが生き残り、無駄なものは淘汰される。

 

そんな世界が到来すると言われている中で、私はこれからどのように生きていけばよいのかと自粛中のあり余る時間で考えてしまうのです。

アンドロイドのお姉さん SAORIが書いた記事 好きな事を仕事にするという事。エンターテインメントは人を救う。

YouTubeに本腰をいれる

考える日々の中で1つ決めていることはYouTuberになろうという事。

なろうと言っても既に自分のチャンネルを持っていて登録者数も3万人程度いるのですが、今までよりも本腰をいれて活動していこうという事です。

今までもメディアやウェブ媒体でYouTuberとして書かれることがありました。でも正直、私としてはモデルやパフォーマンスの部分を見てほしいと思っていたのでYouTubeが本職のような扱い方をされるのが嫌でした。

ただ、新型コロナの影響で仕事のほとんどを失って、モデル、パフォーマーとも自信を持って名乗れなくなった今、自分にできる手段の一つとしてYouTubeを考えた時に、やるしかない、やるなら精一杯やってやろうと思いました。

 

アンドロイドのお姉さんSAORI

(自宅での撮影風景)

アンドロイドのお姉さんが漫画家について学んだことをアウトプット

YouTubeスタート

私がYouTubeをはじめたのは2019年の9月末でした。

今まで所属していた事務所を辞めて、フリーランスになった時にどういう風に自分を売り込むかを考えていました。既にアンドロイドモデルとしてSNSを通して一部の方々には知られていましたが、ニッチな分野なのでそれ一本で食べていけるほどの仕事量はありませんでした。

それ以前もTwitterやTikTokで短い動画をあげていて「アンドロイド×動画」の相性が良いことはわかっていたので、より多くの人に知ってもらえる可能性があるYouTubeを始めたいと思っていました。

そんな時に絶妙のタイミングでYouTube開設を手伝ってくれる方と出会い、私のYouTubeチャンネルをスタートすることになりました。

実は、最初からかなり好調で1本目にあげた『道端でアンドロイドがフリーハグしてみた』という動画がバズって160万回以上再生されて、テレビでも使われたり、それをみてお仕事のオファーいただけたりと笑ってしまうくらい順調なスタートダッシュをきれました。

広告収入を得るための審査もすんなりと通過してYouTubeは案外簡単とさえ思っていました。

ただ、その後に出した面白いと思った動画はそれほど伸びず、登録者数も伸び悩み、一緒に作っていた人たちともすれ違いが起きてチャンネルを閉鎖することになりました。実は挫折を味わっていました。

今になって思えば、より良いモノを出したいという私のこだわりが強くなってしまって、人と息を合わせての動画作成が難しくなってしまったことも原因の一つでした。

YouTube、再スタート

YouTubeチャンネルを閉鎖して、一人だと動画編集もできないので、いったんYouTubeから離れようと思っていると、急にメールが届きました。

それは格闘家の朝倉未來さんからのYouTubeでコラボをしましょうという連絡でした。

朝倉未來さんと言えばRIZINで有名ですが、YouTuberとしてもすごく有名で個人的にも見ていたのでこれはすごいことになるぞと思い、すぐにOKの返事をしました。

それに合わせてわからないなりに新しくチャンネルを立ち上げて、スマホで簡単な撮影をして、全くしたことのない動画編集に時間をつぎ込みました。

朝倉さんとのコラボ動画は出した途端に急上昇ランキングに載るくらい一気に伸びて、私のクオリティーがひどい初心者チャンネルにもたくさんの人が登録してくれました。

オファーがなければきっと自分で一からやろうと思わなかったので、可能性を広げてくれたことに感謝しかないです。

 

朝倉未来さんとのコラボ

(朝倉さんとのコラボ動画のサムネイル)

YouTubeにも新型コロナの影響が

新しいチャンネルも最初から最高のスタートダッシュをきれて、広告収入も得られるようになり、一つの仕事としても成り立つようになりました。しかしそのタイミングで新型コロナの影響がYouTubeに出てきました。

外出自粛になって、外での撮影ができなくなり、コラボなど大勢の人が集まる撮影もできなくなりました。

アンドロイドパフォーマンスの性質上、見てくれる人がいてこそ成り立つ所もあるので出したい動画が出せないというフラストレーションもたまっていきます。

しかも、YouTuberの皆さんも言っているように広告収入の単価が下がりました。社会全体が新型コロナでダメージを受けているので、どの企業も真っ先に広告費を削るのは当たり前のことです。

私も広告単価が以前の半分ぐらいになりました。

皆さん家にいる時間が長いので、必然的にYouTubeの再生数が伸びている側面もありますが、一長一短のなかなか厳しい現状です。

 

自粛の張り紙

(よく行くお店に出ていた張り紙)

YouTubeに見る夢

そんな中、なぜ悩みながら動画投稿をし続けるかというと、新型コロナの収束後に新しい夢ができたからです。

生活に新型コロナの影響が出始めて大好きな旅行もできなくなって、行ける時に行っておけばよかったと後悔しました。時間とお金がかかるからと諦めていた場所に行ってみたいという気持ちがいま爆発しています。

なので新型コロナが無事収束して行きたい場所に自由に行けるようになったら、各地を巡りYouTubeで配信してそれを仕事にしたいなと思っています。

「アンドロイド×マチュピチュ」や「アンドロイド×エジプト」など想像するだけでワクワクします。

YouTubeに限らずリモートワークが認められる社会になると思うので自分の居たいところで仕事ができるようになっていくと思います。

その実現のために今は制限のある中でYouTubeを頑張っていこうと思っています。自分をコンテンツとして発信していくという事は正直に言うと恥ずかしいところもありますし、思ったようなレスポンスがないと落ち込むこともあります。アンチコメントが目に入ることもあります。

でも、新しいことに没頭することで仕事がなくなったことを悲観する暇はなくなりましたし、新鮮な発見もあって今は楽しさが勝っています。

この新型コロナの影響でちゃんと見ていなかった選択肢にも目を向けることができました。一カ月先もどうなるかわからない状況が続いていますが、今自分にできる事と少し先の未来を見据えた行動を心がけて、YouTuberとして覚悟を決めてやっていこうと思います。

(一人でカメラの前で喋るのはなかなか慣れません)

 

≫ あなたの「やりたいこと」をさくらインターネットで一緒に実現してみませんか?