忙しい現代人のために節分をIoTデバイスにしてみた

f:id:sakumaga:20200129102207j:plain

 

こんにちは、藤原麻里菜です。

今日は節分の日ですね。みなさん、豆まきしましたか?

なんでも、季節の変わり目にでてくる鬼を邪気が払える豆で退治するのが節分らしいです。鬼って、季節の変わり目にでてきちゃうものなんですね。そんな感じの概念なんですね。

 

f:id:sakumaga:20200129102254j:plain


私は、鬼が家に入ってきてほしくないので、必ず豆まきをしています。

でも、忙しい現代社会に生きる者として、正直、豆まきに割く時間なんてありません。「1、2分で終わるだろ」というご指摘もあるかもしれませんが、ほら、1、2分あれば、なんかこうビジネスのあれができるじゃないですか。ビジネスのあれが……。

 

豆をまいている時間があれば、その時間だけ仕事にコミットしたい! そう思っているビジネスパーソンも多いのではないかと思います。

そこで、豆まきをIoT化したデバイスを作ることにしました。

IoTを活用して「豆まきマシーン」作る

 

f:id:sakumaga:20200129102428j:plain


職場から遠隔で動かして、いつでも好きなときに豆がまけるマシーンを作りたいと思っています。ひとまず設計図を書きました。A案は、高速で回転して豆を四方にまき散らかしてくれる仕組みです。

でもこれでは、「鬼」と「福」の境目なく無秩序に豆をまき散らかすマシーンになってしまう……。豆まき道理に反している気がしてボツにしました。

 

f:id:sakumaga:20200129102506j:plain


それでは、これはどうだと考えたのがB案です。

天井に豆が詰まった2つの箱をとりつけます。デバイスのスイッチが入ると、箱の蓋が開いて豆がザーッと下に落ちる想定です。玄関の外側に鬼用の箱。そして内側に福用の箱を設置すれば、効率的に豆まきができるだろうと考えました。

 

……しかし、これは豆をまいているというよりか、ただ落としているだけのような気がして、これもまた豆まき道理に反しているのでボツとしました。豆まき道理に準ずるマシーン、難しい。

 

f:id:sakumaga:20200129102540j:plain


最終的に考えたのがこのC案です。

角度が調整できるサーボモーターに手のマネキンをつけて、デバイスのスイッチが入るとこの手が90度曲がるという仕組みです。人間の豆まきの動作をロボット化するというわけです。これは豆まき道理に反していません。よし! これだ! これでいきます。

 

f:id:sakumaga:20200130160127j:plain

 

遠隔操作を可能にするため、IoTデバイスを作れるプラットフォーム「sakura.io」を使って作っていきます。前回の記事

sakumaga.sakura.ad.jp

と同様の仕組みで、Arduinoというマイコンにsakura.ioのモジュールを組み、プログラムをインストールします。 そして、Webhookとさくらのレンタルサーバにアップしたphpを連携させたら完成です。

 

f:id:sakumaga:20200129102857j:plain


福用と鬼用の豆を同時にまけるように、角度が制御できるサーボモーターを2つつけました。

 

f:id:sakumaga:20200129102912j:plain


そして、豆をまくために”手”を使います。

 

f:id:sakumaga:20200129102928j:plain


手のマネキンをサーボモーターに固定したら完成です。

f:id:sakumaga:20200129102943j:plain


スマホからウェブサイトにアクセスすることで、デバイスのスイッチがオンになる仕組みです。これが、IoTだ!

IoT「豆まきマシーン」完成

f:id:sakumaga:20200129103014j:plain


完成しました。「好きなときに豆がまけるマシーン」です。めちゃくちゃ不穏な見た目ですが、忙しいビジネスパーソン必須のアイテムとなりました。

 

f:id:sakumaga:20200129103053j:plain


こだわりポイントとしては、やはり鬼を退治しながら同時に福を内側に入れられる合理性です。テクノロジーによって、「豆まき」という煩雑な作業を短縮することができました。これにより、日本社会の生産性が1億パーセントくらい上昇するはずです。はずなのです。

 

f:id:sakumaga:20200129103114j:plain


いや、やっぱり見た目が気持ち悪いな。

 

IoT「豆まきマシーン」を使ってみる

f:id:sakumaga:20200129103148j:plain


早速使ってみることにします。玄関に設置しました。廊下が狭いため、めちゃくちゃ邪魔なのですが、これがテクノロジーによる便利さの代償ということです。

 

f:id:sakumaga:20200129103209j:plain


手の上に豆を置いて、家を出ます。すると、外出先でスマホを操作するだけで勝手にマシーンが動くのです。……めちゃくちゃ便利じゃないですか。新しい時代の幕開けがきたなって感じがしますよね。私はしました。

 

f:id:sakumaga:20200129103226j:plain


事務所に来ました。仕事中に、「豆まきでもするか……」という気分になったとき、ボタンを押します。どのタイミングでその気分になるかは不明ですが、きっと上司に怒られたときなどになるはずです。

 

f:id:sakumaga:20200129103248j:plain


スイッチオン。

 

f:id:sakumaga:20200129103309g:plain


ヴィーン……。

 

f:id:sakumaga:20200129103330g:plain


機械音とともに、ぬめっと豆をまいてくれました。 誰もいない家でこれが動いていると思うと、恐ろしさがありますね。

 

f:id:sakumaga:20200129103348g:plain


引きで見てみると、その恐ろしさが倍になります。いや、しかし、デヴィッド・リンチの映画のワンシーンのようでかっこよくないですか? そんなことない? そんなことありますよね?

 

f:id:sakumaga:20200129103428j:plain


外出先で、しかもワンタッチで豆まきができちゃうなんて、本当に合理的で便利なものを作ってしまいました。こんな簡単に鬼を退治して福をもたらせるなんて、制作に1万5000円をかけたかいがありました。

 

f:id:sakumaga:20200129103451j:plain


ただ、帰宅したときの絶望感はすごいです。

おわりに

f:id:sakumaga:20200129103605j:plain

 

今回は、忙しいビジネスパーソンのために自動的に豆がまけるマシーンを作ることができました。ぜひ、豆まきをしたいけれど時間がない……。という方は作ってみてくださいね。それか3万円くらいで売ります。  

私は、「マシーン化したところで豆まき後の片付けが面倒なことは変わらない」ということに気づいたのでもう一生使いません。