オマーンに「オマーン国際空港」はない! そして海外旅行に言葉の壁もない!

オマーンに行ってみた

 

「オマーンに行こう」と言ったのは数年前のまだ夏の暑さが残る9月のことだった。

日本で生まれ育った人がなかなか「オマーンに行こう」とは言わないと思う。世界には、聞いたことはあるけれど行くことがない国が大半なのだ。オマーンはそんな国の一つではないだろうか。例外として、サッカー日本代表がわりとよく対戦している気がするので、サッカーファンなら行くかもしれない。世界中を旅するバックパッカーも行くかもしれない。

しかし、私は特別なサッカーファンではないし、バックパッカーでもない。どちらかと言わずともインドア派だ。一人暮らしで家にばかりいるので、人と3日間話さないこともあるのが普通だ。そんな私が「オマーンに行こう」と言ったのだ。部屋で一人。

 

この記事を書いている地主です、オマーンに行きました!

この記事を書いている地主です、オマーンに行きました!

 

海外旅行にはいくつかの壁が存在する。大きくは以下の3つだろう。

1)言葉がわからない

2)治安は大丈夫なのか?

3)お金がかかる

もっとあるかもしれないけれど、国内旅行と異なる点はこの3つだと思う。ただ私はこの3つの壁を突破することに成功していた。オマーンの前に何度か海外に行って、壁の存在はもはやないと気がついていた。オマーンだろうが、熱海だろうが、草津だろうが実は変わりないのだ。「オマーン=熱海」であり、「海外=草津」なのだ。問題は私が草津に行ったことがないことだけれど、たぶん一緒だと思う。違うところは温泉まんじゅうの有無くらいじゃないかな。

 

タイ経由でオマーンに行きました!

タイ経由でオマーンに行きました!

 

1)言葉がわからない

この問題は誰もが気になるところだと思う。世界は広いけれど、日本語を話すのは日本だけ。オマーンはアラビア語が公用語で、さらに英語が通じる国。当然日本語は通じない。そして、私は日本語以外話せない。最近は日本人でも英語が話せて当たり前みたいな感じで、英語を勉強する人も多いし、小学校でも英語の授業がある。しかし、私は日本人なので、英語よりもっと美しい日本語を話せて書けるようになりたいと思っているので、英語より日本語をさらに勉強しているのだ。マジでアゲポヨ、ヤベェくらい日本語しか話せない。

ただ、ビジネスにおいては問題かもしれないけれど、海外旅行においては何にも問題はない。日本語以外話せなくて全然いいのだ。先にも書いたように私はインドア派で人と話さない日が多い。さらに友達もいない。私には友達がいないのだ。なので日本でも日本語で人と話すことはない。何も話さないのだ。

つまり、日本より知り合いもいない海外で、誰と何を話せというのか、となるのだ。国内旅行ですら「ありがとうございます」くらいしか話さない。海外でもそうで、その国の「ありがとう」だけ話せれば問題ないのだ。結果、英語圏でも、スペイン語圏でも、ロシア語圏でも、草津に行く感じで出かける。オマーンだってそうなのだ。

 

タイからオマーンを目指します!

タイからオマーンを目指します!

 

2)治安は大丈夫なのか?

これも大した問題ではない。日本語しか話せないというのが大きい。海外で現地の人と話そうとか、現地の人と仲良くなろうとか思うから、何かに巻き込まれたり騙されたりするのだ。そもそも、触れ合う気がないのでそのようなことに出くわさない。友達は多いほうがいい、みたいな考え方があるし、友達100人できるかな、みたいな歌もあるけれど、友達がいない人のほうが海外旅行は向いているかもしれない。どこにいても高校時代の休み時間の感じなので、詐欺にすら合わないのだ。

もちろん紛争地域とかテロが頻発している地域は話が変わる。外務省のサイトで情報を見てから行くようにしているし、危ないと言われる地域や時間帯は活動しない。

海外はスリも多いと聞くけれど、今までスリにもあったことはない。それはなぜか。簡単である。そもそも荷物はリュックサック一つ。リュックは基本的に肌身離さないので盗まれるリスクが少ない。キャリーバッグなどはリスクが高まると思う。

また、財布などはチェーンだ。チェーン。ダサいでおなじみのチェーンだ。もっとも信頼出来るセキュリティなのだ。財布にチェーン、スマホにチェーン。最近の私は日本でもチェーンをつけている。落とす心配がないからだ。チェーンは最高なのだ。チェーンの啓蒙活動を始めようと思っている。

 

これ便利よ!

これ便利よ!

 

3)お金がかかる

これはその通りです。かかります。今回のオマーンは1人20万ほどかかった。かなりの金額だ。給料1カ月以上の金額。それを解決するのは日頃の「我慢」だ。年末にオマーンに行く、と決めて我慢。晩ごはんを外で食べようと思っても我慢して家で豆腐を食べる。この服いいな、と思ってもちょっとだけ大きめなスーパーに売られている服で我慢する。

服に関しては我慢ではないかもしれない。ちょっと大きめなスーパーの服はなかなかにオシャレだ。昔住んでいた家の近所にあるスーパーのセレクトがよくて一時期よく着ていた。最近、そのスーパーから服売り場がなくなったと聞いたので、私以外はそう思っていなかった可能性もあるけれど。

あとは物価の安い国に行くという手だ。日本は物価が高い国の一つなので、ヨーロッパとかアメリカとかに行かない限り、大体は安くなると思う。問題はそういう物価の安い国は飛行機代が高いことだけれど、行ってからはかなり安くなる。

ということで、もはや壁はないということで、オマーンに来たわけだ。

 

オマーンを着ました

オマーンの民族衣装を着ました!!

 

俺は無料だけど事件

オマーンに行ったのはちょうどクリスマスの時期だった。9月に行こうと決めてから、いろいろ調べたり、我慢したりでこの時期になったのだ。オマーンはイスラム教の国なのでクリスマスがない、ということが旅の狙いの一つだった。日本はハロウィンが終わるとクリスマス一色になるので、クリスマスのない国に行きたかったのだ。

オマーンはアラビア半島東部に位置する。『アラビアンナイト』でシンドバッドが出航したとされる港がある。長らく鎖国政策をおこなってきたけれど、1970年からは積極的な開国政策を展開している。ドバイと比べるとアラブ感が強く、求めていた景色だ、と感動した。

 

マスカット国際空港なんです!

マスカット国際空港なんです!

 

『オマーン国際空港』は一部で有名だけれど、そんな空港はなく、首都である『マスカット』に『マスカット国際空港』がある。ただ『オマーン国際空港』は口に出して言いたい日本語ではあるので、今後もぜひ多くの人に言っていただきたい。

オマーンは鉄道がないので、移動はバスかタクシーになるのだけれど、バスだとチケットを買うとき、タクシーだと値段交渉をするときに誰かと話す必要があるので、私はレンタカーを借りた。ちなみにオマーンにはないけれど、別の国では『Uber』を使えば値段交渉もないし、目的地も事前に設定できるので、いよいよ話す必要はなく、しかも安いのでオススメだ。

 

さくらのレンタルサーバ

 

さくらインターネットでは、すべてのサービスが日本語で申し込める。言葉の壁はないのだ。しかも料金も最初から決まっており、好きなプランを選べる。海外のタクシーの料金の話し合いとは比べられないほどの便利さだ。常によく知らない海外とサービスを比べると、大体の物がすっごい便利となるのでオススメだ。

 

レンタカーは便利ですよ!

レンタカーは便利ですよ!

 

クリスマスがないことを確認すると、レンタカーで砂漠に向かった。アラビアと言えば砂漠だ。砂漠が見たいのだ。道は広く走りやすい。国内でもあまり車を運転しない私でも運転できる。ちなみに行く砂漠は『ワヒバ砂漠』。広い砂漠なので、その砂漠のどこに行くかは、オマーンの地図を広げて、「この辺かな」で決めている。「なんか建物あるな」「お、これホテルだぞ」「ここにしよう」と、休日の昼ごはんを選ぶ感じで決めた。

 

公民館みたいなホテル

公民館みたいなホテル

 

数時間走り到着したホテルは、綺麗な地元の公民館のような感じだった。砂漠の真ん中に道が走り、その脇にポツンとそのホテルはあった。日本でそのホテルを見つけても泊まらないだろう。ただ周りにホテルはないし、事前に予約しているしで、泊まるしか選択肢はない。

中に入ると『カンドゥーラ(中東の民族衣装)』を着た男性が立っていた。このホテルのオーナーだそうだ。不思議なもので、海外で数日過ごすとなんとなく言葉がわかるようになる。明確にわかる感じではないけれど、こう言っているのではないだろうか、とぼんやりわかるのだ。霧の向こうに見える街のように、後ろ姿からその人が美人なのか推測できるように、なんとなくわかる。

 

ホテル内を案内してくれた

ホテル内を案内してくれた

お金はすでに予約サイトで払ってあったので、特に彼と話す必要はないのだけれど、彼は非常に積極的に話しかけてきた。「砂漠から見る星空が綺麗なんだ、夜に見に行かないか?」と言っている気がする。海外ではよくあることで、ホテルでもそうだし、街を歩いている人から急にこんな誘いを受ける時もある。街では無視だけれど、ホテルではそれができないので、「いくら?」と聞き返した。

「無料だよ。こんな場所に来て星を見ないなんてもったいない」的なことを彼が言っている気がする。「フリー? 本当に」と聞き返すと「もちろんだ」と言う。騙されている匂いがする。私はハエでも払うように顔の前で手をパタパタさせたほどだ。無料なら行ってもいい気がするけれど、無料のはずがないのだ。

私の様子を見て、「俺にお金を払う必要はない。フリーだよ。でも、息子が案内するから息子に払って」と彼は続けた。

無料じゃない。無料の概念が日本と違うのか。彼にとっては無料かもしれないけれど、私が払うことに違いはない。息子がツアー会社でもやっているのかもしれない。その斡旋かもしれない、と思ったけれど、フロントの奥の部屋を見ると、誰かいて、目が合い軽く会釈した。「息子です」とフロントの彼は言った。

家族経営やんけ。無料ちゃうやんか。どっちにしろ、このホテルにお金が行くやんか。どこが無料なんや。もちろん行かなかったけれど、値段を聞いたら日本円で「1万5000円」と言っている。無料ほど高いものはない、と学んだオマーンだった。

 

さくらインターネットなら安心!

 

さくらインターネットなら、そういうことはない。最初から値段を教えてくれる。別会社に払ってくれ、みたいなことはない。安心だ。シンプルなメール専用プラン『さくらのメールボックス』なら月額換算87円。星を見に行く金額で約172ヵ月も使えることになる。

 

砂漠は綺麗!

砂漠は綺麗!

ただこのおじさんは実はいい人で、その後の撮影で必要だったことは、かなり安くいろいろしてくれたし、とても親切に接してくれた。なんならオマーンで一番の思い出はこのおじさんだ。でも、こういうことは稀で基本的には全員詐欺師だと思って海外に行っている。信用できるのはさくらインターネットだけ。なので、私がサーバー代の支払いを忘れて消えてしまったデータ、出てきませんかね? いや、出てこなくていいや。大したこと書いてないし、黒歴史だわ。やっぱり、この世に最初からなかったみたいに消してください。

 

この景色くらい何もなかったようにしてください!

この景色くらい何もなかったように消してください!