IoTを使って遠隔でホワイトデーのお返しをもらえるマシーン

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか?

 

バレンタインデーのお返しをあげるホワイトデー。日本では浸透していますが、他の国ではあまりみられない文化だそうです。チョコレートをあげて、そのお返しをホワイトデーにもらう。このお互いの絆を確認し合う物々交換はなんなんだ、という違和感がずっと昔からあります。

 

学生の時は、友達だったり好きな男の子にチョコレートをあげてホワイトデーをワクワク待っていましたが、大人になってからはそんなこともありません。たまたまバレンタインデーの日に会った仕事関係の人に「一応、あの、バレンタインデーなんで、今日……」と小さい声でルマンドを渡すのが精一杯のバレンタインデーです。そんな感じなので、ホワイトデーにお返しをもらうなんてここ数年ありません。

 

ホワイトデーのあのワクワクをもう一度体験したい。人からお菓子をもらって喜びたい。でも、バレンタインデーに高いチョコを誰かにあげるなんて面倒くさい。 こういう人間の複雑な感情こそ、テクノロジーで解決すべき問題であると考えています。

 

ということで今回は、「遠隔でホワイトデーのお返しをもらえるマシーン」を作っていきたいと思います。

IoTを使い、遠隔でホワイトデーのお返しをもらえるマシーンを作る

f:id:sakumaga:20200305141534j:plain

 

設計図を書きました。sakura.ioを使って、何かしらでクッキーがでてくるマシーンを作ろうと思っております。

賢い読者の皆さま様はお気づきかもしれませんが、この”何かしら”という部分がたいへん重要です。しかし私はその”何かしら”をあまり深く考えていません。なぜなら、すげえ大変そうだからです。なので、とりあえずsakura.ioのほうのセットアップを進めていきます。

 

f:id:sakumaga:20200305141618j:plain

前回、前々回と同様に、「Incoming Webhook」を使ってIoTデバイスを作ります。Sakura.ioのコンソールパネルにログインし、sakura.ioのArduinoモジュールの設定とIncoming Webhookの設定を完了させます。そして、サーバーに指定のphpファイルをアップします。これによって、指定のURLにアクセスすると、Arduinoにデータを送信することができるようになるのです。

 

f:id:sakumaga:20200305141648j:plain

さくらのIoTとArdino

Arduinoとsakura.ioのモジュールをがっしゃんこさせて、サーボモーターを繋げます。

Arduinoにデータを受信したらサーボモーターを動かすプログラムをアップして、完成です。あとは、先ほど放置した”何かしら”の部分を考えるだけなのですが、めんどうなのでNetflixなどを見て日々を過ごしていました。

 

f:id:sakumaga:20200305141710j:plain
 

そろそろ考えないとヤバいなと思ったとき、ふとひらめきました。「ピッチングマシーンを使えばいいんじゃん」と。ひらめくというより、天からのお告げに近いかもしれません。それほど、急に思いついたのです。「ピッチングマシーンでクッキーを飛ばせばいいんじゃん」って。

なので、amazonで安いピッチングマシーンを購入しました。

 

f:id:sakumaga:20200305141746j:plain

 

ピッチングマシーンのスイッチを押す仕組みを作るべく、電池ボックスの部分に少し細工をします。電池ボックスのプラスとマイナスから電線を伸ばし、そこに同じ電圧のACアダプターを繋げます。

「ピッチングマシーン自体を解体してアレコレしたほうがスムーズだろ」と、幻聴が聞こえてきたので一応言っておくと、ネジが特殊で解体しづらくなっていたので、こうしています。ご理解ください。

 

f:id:sakumaga:20200305141809j:plain

 

ACアダプターのプラスと伸ばした電線のプラス部分をサーボモーターが動くことによって接触し、電気が流れる仕組みです。

「サーボモーターじゃなくてリレー使えばいいじゃん」という幻聴が聞こえてきましたが、リレー回路はちょっとめんどうくさかったのでこの仕組みにしました。ご理解ください。

これで、インターネット経由でピッチングマシーンを動かす仕組みが完成しました。

「IoTを使って遠隔でホワイトデーのお返しをもらえるマシーン」完成

f:id:sakumaga:20200305141826j:plain

 

できあがりました。こちらが、遠隔でホワイトデーのお返しがもらえるマシーンです。どうだ!

 

f:id:sakumaga:20200305141947j:plain

 

ピッチングマシーンの存在感がすごいですね。

 

f:id:sakumaga:20200305142007j:plain
 

クッキーはどうするかというと、カントリーマアムをクリスマスのオーナメント用の球体に詰め込みます。

 

f:id:sakumaga:20200305142021j:plain
 

ピッチングマシーンにセットしたら、あとは遠隔操作を待つのみです。

さっそく使ってみる

f:id:sakumaga:20200305142127j:plain

 

それでは使ってみましょう。

マシーンをセットして、知人たちにメッセージを送ります。

 

f:id:sakumaga:20200305142150j:plain

 

メッセに添付されているリンクを開くと、マシーンが動く仕組みです。

常識的な人は、こんなメッセージに添付されたリンクを開くという行為は、めちゃくちゃ危険だと思うはずですが、はたしてクッキーはもらえるのでしょうか。

 

f:id:sakumaga:20200305142208j:plain

 

クッキーもらえるかな……。

 

f:id:sakumaga:20200305142221j:plain

 

ピーピー……。グオーン。

ピッチングマシーンからすごい音が鳴っている……。

 

f:id:sakumaga:20200305142238j:plain

 

f:id:sakumaga:20200305142301g:plain
 

f:id:sakumaga:20200305142328j:plain

 

……?

私は全く運動をせずに人生を過ごしてきたのですが、そうか、ピッチングマシーンってこんなに威力が強いんだ。お菓子を入れている球体が天井にぶつかり、砕け、中に入ったカントリーマアムが縦横無尽に飛ばされていきます。

 

f:id:sakumaga:20200305142342g:plain

 

恐怖。久しぶりに、恐怖を感じました。私の中に潜んでいた防衛本能が「頭を守れ」と指令してきます。

 

f:id:sakumaga:20200305142414g:plain

 

その後も数分おきにピッチングマシーンが動かされ、

 

f:id:sakumaga:20200305142436j:plain

 

どうにか拾い上げたカントリーマアムも、ピッチングマシーンの威力によってボロボロに砕けていました。悲しい。私はただホワイトデーのワクワクを感じたいだけなのに……。

 

f:id:sakumaga:20200305142451g:plain

せっかく手にしたカントリーマアムを食べているときも、ピッチングマシーンは鳴り止みません。おい、みんな、怪しいリンクを踏むなよ。

おわりに

f:id:sakumaga:20200305142537j:plain

 

この仕打ちは一体なんなのでしょうか。「お菓子を望むな」という神からの警鐘でしょうか。 ワクワクしたかったホワイトデーが恐怖の一色に変わり、トラウマになってしまいました。そして、ピッチングマシーンの強さを学ばせていただきました。ピッチングマシーンは強い。これだけは死ぬまで覚えておきます。

 

≫ あなたの「やりたいこと」をさくらインターネットで一緒に実現してみませんか?