サブスクリプションサービスとは? 月額の平均利用金額や市場規模をまとめました

サブスクリプションサービスが話題です。あのトヨタ自動車もサブスクを開始し、市場規模も拡大しています。 サブスクリプションサービスの利用額はどれくらいか、サブスクリプションサービスのメリット・デメリットを記事にまとめました。

好きな事を仕事にするという事。エンターテインメントは人を救う。

人々を楽しませる娯楽という意味のエンターテインメント。私はすごいパワーを持っていると思いながら表現の仕事をしています。いま、日本中がコロナウイルスのせいで暗い空気に覆われています。 多くのイベントやライブは延期、中止になり、厳重な体制で決行…

SWOT分析とは? フレームワークを使ってさくマガを分析してみた

SWOT分析とは「強み、弱み、機会、脅威」を分析して戦略を考える方法だと分かりました。なんだか、それだけだとイメージできないので、それぞれの言葉をイメージしやすく言語化します。 ・Strengths(強み) 自社の武器となること ・Weakness(弱み) 自社が…

会社のファンを増やせる営業の仕事にやりがいを感じる。さくらインターネット社員インタビュー

ーー働き方、ワーク・ライフ・バランスで意識していることはありますか? 遊ぶときは遊ぶ、働くときは働くというメリハリを意識して仕事に取り組んでいます。 プライベートを充実させれば、リフレッシュできて仕事もやる気が出て楽しめます。 例えば休暇でリ…

遠隔でホワイトデーのお返しをもらえるマシーン 藤原 麻里菜

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? バレンタインデーのお返しをあげるホワイトデー。日本では浸透していますが、他の国ではあまりみられない文化だそうです。チョコレートをあげて、そのお返しをホワイトデーにもらう。このお互いの絆…

どんなサイトからの集客が多いかを公開! 2月のアクセスレポート

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? こんにちは。さくマガ編集長の川崎です。さくマガ開設から4カ月が経ちました。先月に引き続き公開しても問題ない数値は公開して「オウンドメディアを運営している、これから運営しようと思っている…

デザインセンスは必要なし!? 今日から使える文字レイアウトのポイントをモリサワさんに教えてもらいました!

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? 野村 陽香(のむら はるか)さん。2019年に株式会社モリサワに入社し、現在は営業企画部 公共ビジネス課に所属。主に地方自治体などの行政や教育に携わる方に、自社のUDフォントを普及促進する活動を…

誰もが平等に読みやすく、分かりやすい“文字”を社会に広めたい。UDフォントを開発するモリサワ社の想いとは。

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? 株式会社モリサワ。1924年(大正13年)創業。「文字を通じて社会に貢献する」をビジョンに掲げる。「邦文写真植字機」を世界で初めて発明し、その後はDTP化やWebフォントへの対応など、様々な時代の…

重たい腰を軽くする「考え方」! 忘れないで、あなたはいつだって自由!!

こんにちは、いつもコラムを読んでいただきありがとうございます。かもめんたるの岩崎う大です。 私は、お笑い芸人であり、役者で、脚本家で、演出家、漫画家であるということからこちらでパラレルワーカーとしてコラムを書かせていただいております。 早い…

”野人” 岡野雅行がガイナーレ鳥取で学んだ「営業の極意」

日本が初めてワールドカップ出場を決めたとき、ゴールを奪ったのは岡野雅行だった。高校では自分でサッカー部を作り、無名選手から一転浦和に入団し、自分で出したスルーパスに足の速さを生かして自分で追いつくなど、異色な経歴やプレーぶりを見せていた。 …

うつ病は心の風邪ではなく、心の癌だ。僕はこうして付き合い方を見つけた

前回の記事「心の『本音』に耳を傾けよう。適応障害になり、僕は大好きだった仕事を辞めた。」の中で、過去のうつ病体験記を紹介しました。正確には「適応障害」という病気なのですが、発症直後は強い抑うつ症状に苦しみ、日常生活もままなりませんでした。 …

さくらインターネット所属のマルケトチャンピオン石井による「THE MODEL」の考え方

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? 皆さん、こんにちは! さくらインターネットの石井です。 今回でさくマガでの連載第3回目になります。この3回目が連載として投稿する最終回になります。 最終回は、Marketoの活用事例とは少し離れる…

百聞は一見にしかず! エルニーニョ現象の最前線に行く

久しぶりの遠出だ、と楽しみにしていたのに、いざ当日になると雨ということがある。世の中には「雨男」、「雨女」というジャンルが存在して、出かける時にやたらと雨を呼ぶ人々がいるのだ。例外も多々あるけれど、基本的にどこかにお出かけとなると、人は晴…

マックスむらいさん「守りから攻めに転じるため、社長に復帰した」

AppBank株式会社 代表取締役社長CEOに復帰したマックスむらいさん(村井智建さん)にお話をうかがいました。 普段はあまり語られない、ビジネスのお話や今後のAppBank社についても語ってくれました。

高速SAのラーメンはなぜ美味いのか、鹿児島から青森まで全てのSAでラーメンを食べてきた。⑤ 最終回

前回までのあらすじ なぜか鹿児島から青森まで高速道路をひた走り、全てのSAでラーメンを食べることになった。途中、禁断の“パス”に手を出したりノーラーメンルートを駆使してラーメンを食べ続け、関東に到達。この旅に課せられたルールは3つ、①全てのSAで…

2020年2月のまとめ記事 さくマガ

さくマガを開設して4カ月が経とうとしています。今月はこの記事を含めて19記事を公開しました。おかげさまで、毎営業日の更新を続けることができています。皆さまに感謝です! 今月の良く読まれた10記事を日付順にピックアップしました。 編集秘話と合わせて…

テレワークとは? さくらインターネットでは「制度」と「性善説」により導入を実現

最近、新型コロナウイルスの感染拡大により、テレワークに取り組む企業が増えています。 ただ、まだテレワークを導入している企業は2割程度です。 弊社では「制度」と「性善説」によりテレワークを実現しています。

中西哲生 ✕ 安彦考真 人生100年時代のキャリアについて考える

人生100年時代、サッカー選手やアスリートに限らず会社員もセカンドキャリアについて考える必要があります。お二人の対談にこれからのキャリアについてのヒントがあるはずです。

「やりたいことをできるに変える」ため、できることを増やす

営業部のフィールドセールスというチームに所属しています。営業のイメージ通り外回りが多く、お客様と直接顔を合わせて、提案活動をおこなうのが主な仕事です。 入社二年目になりますので、見積りのご案内や構成図の作成などは一人でおこなうことがほとんど…

働き方改革とは? 実現するために、労働者と企業のメリットを考える

働き方改革を実現するために労働者と企業のメリットを考えました。 今回はIT業界の働き方改革についての記事となります。IT業界は他業界と比べるとリモートワークがしやすく、働き方改革に向いている業界といえます。

アンドロイドのお姉さんがスタチューパフォーマーについて学んだことをアウトプット

こんにちは、アンドロイドのお姉さんSAORIです。「アンドロイドがインプットして学びを深め、それをアウトプットしていく」という連載ですが、4回目の今回はスタチューパフォーマーのじゅんいちさんにお話をうかがいました。 スタチューパフォーマンスとはど…

大久保嘉人「人の目ばかり心配してたら成長しない」

東京ヴェルディに移籍した大久保嘉人選手へのインタビュー記事です。人の目ばかり心配してたら成長しないという言葉はビジネスマンにも当てはまるかもしれません。

サガン鳥栖の小林 祐三選手にキャリアやプライベートについて語ってもらいました

小林 祐三(こばやし ゆうぞう)さん。サッカーJ1 サガン鳥栖所属。背番号13。ポジションはサイドバック。Jリーグ通算で481試合出場。Twitter:@KobayashiYuzo13 各業界の著名人にインタビューをしていく、この企画。今回は「さくらインターネット福岡オフィ…

声優とアニメプロデューサーのお仕事 福原香織さん ✕ 田中宏幸さん対談

ーー田中さんは現在どのようなお仕事をされているのか教えてください。 田中 宏幸さん(以下、田中):2年前にエイベックスピクチャーズからサイバーエージェントに転職をして、主にアニメのプロデューサーとして活動をしていますね。サイバーエージェントに…

知的財産管理技能検定に合格したので、知的財産権とは何かを説明します

知的財産管理技能検定を知っている方は少ないと思います。 知的財産管理技能検定の公式ページによると、多くの有名企業が、この検定を推奨していたり、人事考課や昇格の要件としていたりするようです。これは今後ますます重要度が増してきそうな予感がしませ…

2020年1月の記事まとめ&アクセスレポート さくマガ

今回は「1月の記事まとめ」と「1月のアクセスレポート」をまとめてお届けします。 1月の記事まとめ 1月の良く読まれた10記事を日付順にピックアップしました! 編集秘話と合わせてご覧ください。 1.鈴木 謙一さん「自分が得意なこと、できることに力と時間を…

プロ経営者 松本晃さん 働き方改革より「生き方改革」が必要!

元カルビー会長 松本晃さんがキャリアプランや活躍できる人材について語る。 プロ経営者として活躍してきたノウハウが詰まったイベントレポート

スタートアップ都市、福岡で「やりたいことをできるに変えた」

さくらインターネット 櫻井 裕 福岡は当時、国家戦略特区の「グローバル創業特区」に指名され、「福岡はスタートアップ都市である」という宣言がされました。「スタートアップといえば福岡」というお達しが出たわけです。そして私たちはスタートアップの方々…

noteで書いたキングオブコント記事の売上公開! これが企画を成功させる秘訣だ!!

noteというコンテンツを販売できるサービスで販売した「キングオブコント」について寸評する記事はヒットしました。300円で販売したこの記事は500部近く売れまして、15万円の売り上げを叩き出したのです。 正直、僕はこのキングオブコントの記事を書いて良い…

心の「本音」に耳を傾けよう。適応障害になり、僕は大好きだった仕事を辞めた。

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? 適応障害という病気を知っていますか? うつ病と違い、日本ではまだまだ認知度の低い適応障害。この名前を聞いただけでは、どんな病気か想像することは難しいかもしれません。 かく言う僕自身、自分…

プラス1の喜びを! ブルガリアでブルガリ(ア)を買う

スーパーに買い物に行く。今晩の食事は何にしようかな、と入り口からすぐの野菜コーナーを見て、魚を見て、肉コーナーへと歩く。これ安いじゃない、というものもあれば、高いな、となるものが並ぶ。同じカテゴリーのものでも、当たり前だけれど値段はピンキ…

高速SAのラーメンはなぜ美味いのか、鹿児島から青森まで全てのSAでラーメンを食べてきた。④

前回までのあらすじ なぜか鹿児島から青森まで高速道路をひた走り、全てのSAでラーメンを食べることになったこの旅。課せられたルールは3つ、①全てのSAでラーメンを食べる②残しそうならパスできる③交通ルールを守る。ついに関西に突入し、午前中の時点で5杯…

Slackを活用したコミュニケーション術 Slack CTO兼共同創業者 × さくらインターネット創業社長

失敗には再現性があるが、成功には再現性がない ーーお二人とも創業者ですが、困難な時期の乗り越え方についてお聞きしたいです。 田中:24年間やっているので紆余曲折ありました。ネットバブル崩壊でお客さんが居なくなり、上場してから史上4番目の速さで債…

忙しい現代人のために節分をIoTデバイスにしてみた

こんにちは、藤原麻里菜です。 今日は節分の日ですね。みなさん、豆まきしましたか? なんでも、季節の変わり目にでてくる鬼を邪気が払える豆で退治するのが節分らしいです。鬼って、季節の変わり目にでてきちゃうものなんですね。そんな感じの概念なんです…

アンドロイドのお姉さんが漫画家について学んだことをアウトプット

こんにちは、アンドロイドのお姉さんSAORIです。「アンドロイドがインプットして学びを深め、それをアウトプットしていく」という連載ですが、3回目の今回は漫画家さんにインタビューしてきました。 今回お話をうかがったのが『このマンガがすごい!2019』オ…

化学反応が生まれる、スタートアップのシンボル「Fukuoka Growth Next」

官民共同型の創業支援施設「Fukuoka Growth Next」(以下、FGN)。福岡の地で未来を創るアイデアを持った起業家と支援者が集まる、まさに福岡におけるスタートアップのシンボルとして存在感を示しています。 「将来のユニコーン企業」を生み出す!というビジ…

宇宙海賊 ゴー☆ジャス「お笑いをやっていなかったら社会の先生をやっていた」

ゴー☆ジャスさん。サンミュージック所属の宇宙海賊。様々なゲームアプリを紹介するYouTubeチャンネル「ゴージャス動画」はチャンネル登録数41万人超えと大人気。 各業界の著名人にインタビューをしていく、この企画。今回は地球儀をつかったネタでおなじみの…

フィフィさん「日本の企業はルールに縛られすぎ」

日本の企業はルールに縛られすぎ ーー日本社会の働き方で改善したほうが良いと思うことを教えてください。 私が会社員時代に常日ごろ思っていたのは、無駄が多いってことですね。思いません? 報告書ってあるじゃないですか。あれを毎日書かされてて。 みん…

声優 福原香織 × 社長 田中邦裕 対談「やりたいこと、どうやってできるに変えてますか!?」

ふたりを突き動かした”若気の至り“ ーー田中さんは18歳の時にさくらインターネットを創業し、福原さんは15歳で声優を目指し上京されました。お互い若い時に大きな決断をされていますが、その時の心境といま振り返ってみてその判断はどう思いますか?

新卒1年目の社員がパラレルキャリアを実践できる理由

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? 岡本 直也(おかもと なおや)。 さくらインターネット株式会社 カスタマーリレーション本部テクニカルソリューション部アカウントサポート所属。フレッシュな1年目。 さくらインターネットの社員に…

第35回Growth Pitch - フード特集 - FGN イベントレポート

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? 2019年12月に「第35回Growth Pitch - フード特集 -」がFGN(Fukuoka Growth Next)で開催されました。「Growth Pitch」は大企業や中小企業、 VC(ベンチャーキャピタル)、メディアを対象としたスタ…

自分で維持費を稼ぐ、未来のゴミ箱

なぜ未来ゴミ箱を作ろうと思ったか? 2019年の5月から6月にかけて開催された、ハードウェア系のハッカソン「デジットハッカソン2019」がきっかけでした。初日のアイデア出しで、”大阪市のイメージを列挙する”という作業があり「汚い」「ゴミが多い」など、ポ…

芸能界を引退する、川崎あやさんの「決断力」と「戦略思考」

川崎 あや(かわさき あや)さん。株式会社01familia(ゼロイチファミリア)所属のグラビアアイドル。くびれを武器に「くびれスト」として活躍。名探偵コナンがすごく好き。2020年3月14日に芸能界を引退することを発表。1月23日に引退写真集「ジャパニーズ …

中西哲生「自分で自分のリミッターを切れる人間に」

中西哲生はいつも「自分はうまい選手でも代表選手でもなかった」という。だが、そんな中西にメディアの仕事は途切れない。仕事をともにした人たちは魅了され、また次の仕事を依頼してくる。 その人気を得る秘訣は何か。またどんな努力をいつから始めたことで…

「飲み物をこぼすマシーン」を作って会話から逃げよう

最近、気がついたのですが、人と話すのって、はちゃめちゃに難しくないですか。 なにが一番難しいって、会話を終わらせる方法が明文化されていないことです。会話をしていると困ることってたくさんありますよね。急に相手から説教をくらったり、自慢話をされ…

マルケトチャンピオン石井によるさくらインターネットでのMarketo活用事例

弊社のインサイドセールスでは、MAツールのMarketoを利用して、施策を行っていますが、運用上の主な用途は、プライオリティを上げること、リソースの割り振りを適切に決めることです。 これからお話する弊社で実施している施策の前提として、お伝えしたいの…

「締め切り君」と良いお友達になろう!

僕の仕事の場合、コンビの新しいコントを収録日までに作らないとけないとします。この時、テーマ「学校」というお題が与えられていたとします。まずシチュエーションを絞りますよね。例えば「冷めた先生と熱血生徒」「モンスターペアレントとモンスターペア…

PVも公開!12月のアクセスレポート

こんにちは。さくマガ編集長の川崎です。さくマガ開設から2カ月が経ちました。先月に引き続き公開しても問題ない数値は公開して「オウンドメディアを運営している、これから運営しようと思っている方々」の参考に少しでもなればいいなと思います。 公開でき…

国際協力は働き方ではなく、生き方だ。ワークアズライフを実践するフリーランス国際協力師

近年はワークアンドライフ(Work and Life)ではなく、ワークアズライフ(Work as Life)という考え方に注目が集まっていることを知っているでしょうか。 ワークアンドライフとは、仕事とプライベートの両方を充実させ、多様な生き方を実現させようという考…

Tableauコミュニティが生み出す人間中心のデータドリブン文化~色とりどり、多様な形の花が咲く美しいコラボレーションの花畑へ

私たちは人々がデータを使う文化、つまりデータドリブン文化を醸成するためには「コミュニティ」が大変重要であると考えています。Tableauコミュニティは #Datafam と呼ばれ、まだ真の意味でデータドリブン文化がすべての人に訪れているとは言えない現代にお…