連載

古いガイドブックはタイムマシン! 妄想だけでもいいし実際に行っても面白い

タイムマシンがもし完成したら、過去に行きたいか、未来に行きたいか、という論争がある。チューブの中を車が走り、銀色で首のあたりにツキノワグマの白色の模様のような青い線が入った全身タイツを着ているような未来も見てみたい。逆に夏になれば川に櫓(…

ペルソナを召喚してSNS消耗を避けよう! SNS依存を克服する方法

「いつのまにかつぶやきすら大声になってしまった」というCMがある。 Twitter、フェイスブック、インスタグラム…ソーシャルネットワークサービス(SNS)を利用している人が多い。疲れやウザさを覚えている人も多いように見える。取り憑かれたように一日中眺…

17年前に観た怖い動画が、未だに夢に出るんです。 #なつみSTEP の記憶

こんにちは、トイアンナです。私は幼少期からオバケが苦手で、今でもトイレの花子さんが怖くてトイレを超速で終えますし、シャンプー中も目をつぶれません。 そんな激ヨワ人間としては、できればホラーに触れずに生きていきたい……ものですが、感動するヒュー…

「就職すれば人生が安定する」と信じ込んでいる学生に、26歳のフリーランスが伝えたいこと

こんにちは。フリーランス国際協力師の原です。僕の講演を聞きに来てくれる人には学生の方が多いのですが、こういった質問、いや人生相談? を頻繁に受けます。 「原さんのような起業、もしくはフリーランスといった働き方に興味があるのですが、安定した人…

アフターコロナの世界で、アンドロイドのお姉さんがやりたいこと

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? こんにちは、アンドロイドのお姉さんです。 新型コロナウイルスの襲来によって人類が大きな危機に直面しています。 多くの方々が直接的、間接的につらい思いを余儀なくされている状況です。 そんな…

木村和司、初のオンライン取材 「もう一回監督をやらないけん」

現役時代は正確な右足で日本代表の10番を付け 監督時代は歯に衣着せぬ発言で人気を博した そんな木村和司は監督を辞めた後どうしているか 横浜に広大な土地を買い夢を実現した 土地活用を工夫しながらサッカースクールを立ち上げる 子供たちだけではなく大人…

フォロワー増えて人生変わった。SNSがパラレルキャリアのきっかけ

はじめまして、ツイッタラーです。たけもこ こんにちは! 竹本萌瑛子(たけもと もえこ)と申します。「たけもこ」と覚えてください。 本日から月に1回の連載を書かせていただきます。 現在IT企業にてデジタル広告領域でのマーケティング職に就き、同時に個…

「ソーシャルディスタンス」をテーマに四コマ漫画を制作

かもめんたるの岩崎う大です。今月のコラムからちょっと趣向を変えて、ここでは四コマ漫画を作っていきたいと思います。その過程を皆さんに紹介しながら、お笑い芸人である僕が「旬なテーマ」を題材にどんな風に発想して、それを広げて作品に仕立て上げてい…

人生とは挑戦である! 海外旅行中に病院に行くということ

我々は限界を越えていかなければならない。その先に今までの自分では知りえなかった新たなる世界が広がっているのだ。多くの文章は「。」で終わる。その「。」の先には何があるのだろう。それを我々は探していかなければならない。 私は数年前にフルマラソン…

新卒で入った会社には階級制度があった。Aランクに恋をしたEランクの同僚。

大学生の時、「フルメタル・ジャケット」という映画を授業で観た。ベトナム戦争を題材にした戦争映画で、海兵隊に志願した青年が主人公だ。 前半パートは訓練キャンプでの様子が描かれるのだが、ほとんど救いの無いシーンの連続となっている。 訓練生たちの…

「仕事を任せる」で楽になる。「超」五月病で憂鬱になるのを回避する方法

「超」五月病に注意しよう。 こんにちは。フミコフミオです。「仕事を楽にする」をテーマにしている当連載ですが、今回は、この季節特有の五月病にならないためのテクニックを僕の経験をまじえてお話させていただく。「ありがち…」とか冷たいことを言わずに…

IoTで「怖いシーンを隠すマシーン」を作ってホラー映画を大丈夫にする

こんにちは、藤原麻里菜です。 先日、「ミッドサマー」という映画を見たのですが、怖すぎて怖かったです。怖い映画って怖いですよね。なんで怖い映画って怖いんでしょうか。怖いからかな? 怖いものは怖いので、どうにかしたいなと思っております。 そこで、…

酒井高徳「サッカーの経済の変化から、サッカー選手に対する目線が変化した」

2019年、酒井高徳がヴィッセル神戸に途中加入すると、スター選手を集めたチームは急激に活性化した。そのままの勢いで神戸は天皇杯を初制覇すると、2020年シーズン到来を告げる富士ゼロックススーパーカップでも勝利を収める。 明るく朗らかな態度で人気の高…

1930年代から続いた”クリスマスはデートすべき”呪いを解いた伝説の男「ろじっくぱらだいす」のワタナベさんに対する一方的な愛情【インターネット今昔】

こんにちは、トイアンナです。 私は日本一港区に住みたがるミーハーが多いとされる大学を卒業し、外資系企業で約4年勤務。現在は恋愛ライターです。 こんな経歴だと何を言っても「なんやこいつ …… ただのウエメセ女やん……」と思われがち。 ですが、実は青春…

半沢直樹の勧善懲悪よりも、ブラタモリの悠悠自適 ーアンガーマネジメント体験談ー

四字熟語辞典をパラパラとめくる。 「勧善懲悪(かんぜんちょうあく)」 意味は「善良な人や善良なおこないを奨励して、悪者や悪いおこないを懲らしめること」。 私の好きな言葉は、これだ。 休み時間の教室で、好きな人の名前をつづるようにノートの端に落…

シマヅ流・こうすればライターになれるよ講座 第4回 「取材記事を書いてみよう」

4回目を迎えた、自称ライター・シマヅの「クソほども役に立たないライター養成講座」。 鋭い視点から社会を斬るでもなく、深い知見から導かれた提言を世に問うでもなく、「いまさら他の仕事もないし、どうにかモノカキとして食っていこう」という低い目標点…

データドリブン文化の担い手を「育てる」挑戦〜コミュニティによる DATA Saber 認定制度

みなさま、こんにちは! TableauのKTです。前回から引き続いて読んでくださっている方、感謝感激雨霰です!今回から読んでいただけている方、初めまして! Tableau (たぶろー) の KT (けーてぃー)と呼んでください。 前回では人と人とが集まるCommunityが…

【適応障害にならないために】 環境が変わるこの春、”立ち止まる勇気”を持ってほしい

フリーランス国際協力師の原です。 「心の『本音』に耳を傾けよう。適応障害になり、僕は大好きだった仕事を辞めた。」の記事でも紹介しましたが、僕は大学を卒業して2ヶ月が経った頃、2018年5月末に「適応障害」という心の病を発症しました。 学生時代から…

仕事術は「無駄に敵を作らない」かもめんたる 岩崎う大

こんにちは、かもめんたるの岩崎う大です。 私はコントを中心にやっているお笑い芸人の他に、劇団の主宰や漫画家などの肩書を持つパラレルワーカーとして、こちらでコラムを書かせていただいております。 やはり最近の話としては、新型コロナウィルスですね…

「3割サボる」でうまくいく。4月からは効率よく働こう。著者:フミコフミオ

最初にあいさつを はじめまして。僕はフミコフミオ、46才、食品会社で働きながらブログを書き続けている、そこらにいる普通の会社員オッサンだ。今は営業部の責任者を任され、そこそこ忙しい毎日を送っている、平凡な「部長」さんでもある。 僕は、大学を…

トラブルもアクシデントもなんでもござれ! 考え事は外でしろ

どんなに気をつけていても、日常生活にはトラブルやアクシデントというものが起きる。「なんで?」「このタイミングで!」と予期せぬことは予期せぬ時に予期せぬ形で起きるのだ。そんな時に、どれだけ冷静にリカバリーできるかが、本来その人が持つ能力なの…

【完全版】高速SAのラーメンはなぜ美味いのか、鹿児島から青森まで全てのSAでラーメンを食べてきた。著者:pato

「やりたいこと」を「できる」に変えるWEBマガジン「さくマガ」をご覧の皆様こんにちは。インターネットでよく分からない文章を日々公開しているpatoと申す者です。 今回、この「さくマガ」に寄稿するにあたり、こんなやりとりがありました。 「何かやりたい…

「Aチャンネル」黒田bb先生×福原香織 漫画家と声優がアニメ現場で出会った

福原香織さんの連載第5回目は、漫画家の黒田bb先生との対談です! Aチャンネルのアニメをきっかけに知り合ったというお二人。プライベートでも二人で旅行するほど仲が良いそうです。そんなお二人にお互いの思い出やお仕事のことを語っていただきました。 黒…

シマヅ流・こうすればライターになれるよ講座 第3回「いざ、デビュー!」

第3回目となりました、自称ライター・シマヅの「クソほども役に立たないライター養成講座」。 【過去の連載はこちら】 sakumaga.sakura.ad.jp sakumaga.sakura.ad.jp これまで「こういうことばかりしていると仕事がこなくなる」「仕事に際してカネの話が曖昧…

エンターテインメントは人を救う。好きなことを仕事にする。

人々を楽しませる娯楽という意味のエンターテインメント。私はすごいパワーを持っていると思いながら表現の仕事をしています。いま、日本中がコロナウイルスのせいで暗い空気に覆われています。 多くのイベントやライブは延期、中止になり、厳重な体制で決行…

IoTを使って遠隔でホワイトデーのお返しをもらえるマシーン

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? バレンタインデーのお返しをあげるホワイトデー。日本では浸透していますが、他の国ではあまりみられない文化だそうです。チョコレートをあげて、そのお返しをホワイトデーにもらう。このお互いの絆…

重たい腰を軽くする「考え方」! 忘れないで、あなたはいつだって自由!!

こんにちは、いつもコラムを読んでいただきありがとうございます。かもめんたるの岩崎う大です。 私は、お笑い芸人であり、役者で、脚本家で、演出家、漫画家であるということからこちらでパラレルワーカーとしてコラムを書かせていただいております。 早い…

野人 岡野雅行がガイナーレ鳥取で学んだ「営業の極意」

日本が初めてワールドカップ出場を決めたとき、ゴールを奪ったのは岡野雅行だった。高校では自分でサッカー部を作り、無名選手から一転浦和に入団し、自分で出したスルーパスに足の速さを生かして自分で追いつくなど、異色な経歴やプレーぶりを見せていた。 …

うつ病は心の風邪ではなく、心の癌だ。僕はこうして付き合い方を見つけた

前回の記事「心の『本音』に耳を傾けよう。適応障害になり、僕は大好きだった仕事を辞めた。」の中で、過去のうつ病体験記を紹介しました。正確には「適応障害」という病気なのですが、発症直後は強い抑うつ症状に苦しみ、日常生活もままなりませんでした。 …

マルケトチャンピオン石井(さくらインターネット所属)による「THE MODEL」の考え方

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? 皆さん、こんにちは! さくらインターネットの石井です。 今回でさくマガでの連載第3回目になります。この3回目が連載として投稿する最終回になります。 最終回は、Marketoの活用事例とは少し離れる…

百聞は一見にしかず! エルニーニョ現象の最前線に行く

久しぶりの遠出だ、と楽しみにしていたのに、いざ当日になると雨ということがある。世の中には「雨男」、「雨女」というジャンルが存在して、出かける時にやたらと雨を呼ぶ人々がいるのだ。例外も多々あるけれど、基本的にどこかにお出かけとなると、人は晴…

高速SAのラーメンはなぜ美味いのか、鹿児島から青森まで全てのSAでラーメンを食べてきた。⑤ 最終回

前回までのあらすじ なぜか鹿児島から青森まで高速道路をひた走り、全てのSAでラーメンを食べることになった。途中、禁断の“パス”に手を出したりノーラーメンルートを駆使してラーメンを食べ続け、関東に到達。この旅に課せられたルールは3つ、①全てのSAで…

スタチューパフォーマーについてアンドロイドのお姉さんが学んだことをアウトプット

こんにちは、アンドロイドのお姉さんSAORIです。「アンドロイドがインプットして学びを深め、それをアウトプットしていく」という連載ですが、4回目の今回はスタチューパフォーマーのじゅんいちさんにお話をうかがいました。 スタチューパフォーマンスとはど…

大久保嘉人「人の目ばかり心配してたら成長しない」

東京ヴェルディに移籍した大久保嘉人選手へのインタビュー記事です。人の目ばかり心配してたら成長しないという言葉はビジネスマンにも当てはまるかもしれません。

noteで書いたキングオブコント記事の売上公開! これが企画を成功させる秘訣だ!!

noteというコンテンツを販売できるサービスで販売した「キングオブコント」について寸評する記事はヒットしました。300円で販売したこの記事は500部近く売れまして、15万円の売り上げを叩き出したのです。 正直、僕はこのキングオブコントの記事を書いて良い…

心の「本音」に耳を傾けよう。適応障害になり、僕は大好きだった仕事を辞めた。

適応障害についてご存知でしょうか? 僕自身、自分が適応障害になって初めてこの病気の存在をしりました。 この記事では、僕の適応障害経験談を書いています。 仕事に向かう足取りが重い。不眠症気味だ。苦手な上司の顔を見ると胸が苦しくなる…。それらはも…

プラス1の喜びを! ブルガリアでブルガリ(ア)を買う

スーパーに買い物に行く。今晩の食事は何にしようかな、と入り口からすぐの野菜コーナーを見て、魚を見て、肉コーナーへと歩く。これ安いじゃない、というものもあれば、高いな、となるものが並ぶ。同じカテゴリーのものでも、当たり前だけれど値段はピンキ…

高速SAのラーメンはなぜ美味いのか、鹿児島から青森まで全てのSAでラーメンを食べてきた。④

前回までのあらすじ なぜか鹿児島から青森まで高速道路をひた走り、全てのSAでラーメンを食べることになったこの旅。課せられたルールは3つ、①全てのSAでラーメンを食べる②残しそうならパスできる③交通ルールを守る。ついに関西に突入し、午前中の時点で5杯…

忙しい現代人のために節分をIoTデバイスにしてみた

こんにちは、藤原麻里菜です。 今日は節分の日ですね。みなさん、豆まきしましたか? なんでも、季節の変わり目にでてくる鬼を邪気が払える豆で退治するのが節分らしいです。鬼って、季節の変わり目にでてきちゃうものなんですね。そんな感じの概念なんです…

アンドロイドのお姉さんが『天国大魔境』石黒正数先生にインタビュー

アンドロイドのお姉さんが石黒正数先生の仕事場に こんにちは、アンドロイドのお姉さんSAORIです。「アンドロイドがインプットして学びを深め、それをアウトプットしていく」という連載ですが、3回目の今回は漫画家さんにインタビューしてきました。 今回お…

中西哲生「自分で自分のリミッターを切れる人間に」

中西哲生はいつも「自分はうまい選手でも代表選手でもなかった」という。だが、そんな中西にメディアの仕事は途切れない。仕事をともにした人たちは魅了され、また次の仕事を依頼してくる。 その人気を得る秘訣は何か。またどんな努力をいつから始めたことで…

IoTで「飲み物をこぼすマシーン」を作って会話から逃げよう

最近、気がついたのですが、人と話すのって、はちゃめちゃに難しくないですか。 なにが一番難しいって、会話を終わらせる方法が明文化されていないことです。会話をしていると困ることってたくさんありますよね。急に相手から説教をくらったり、自慢話をされ…

マルケトチャンピオン石井によるさくらインターネットでのMarketo活用事例

弊社のインサイドセールスでは、MAツールのMarketoを利用して、施策を行っていますが、運用上の主な用途は、プライオリティを上げること、リソースの割り振りを適切に決めることです。 これからお話する弊社で実施している施策の前提として、お伝えしたいの…

「締め切り君」「締め切りちゃん」と良いお友達になろう!

僕の仕事の場合、コンビの新しいコントを収録日までに作らないとけないとします。この時、テーマ「学校」というお題が与えられていたとします。まずシチュエーションを絞りますよね。例えば「冷めた先生と熱血生徒」「モンスターペアレントとモンスターペア…

国際協力は働き方ではなく、生き方だ。ワークアズライフを実践するフリーランス国際協力師

近年はワークアンドライフ(Work and Life)ではなく、ワークアズライフ(Work as Life)という考え方に注目が集まっていることを知っているでしょうか。 ワークアンドライフとは、仕事とプライベートの両方を充実させ、多様な生き方を実現させようという考…

Tableauコミュニティが生み出す人間中心のデータドリブン文化~色とりどり、多様な形の花が咲く美しいコラボレーションの花畑へ

私たちは人々がデータを使う文化、つまりデータドリブン文化を醸成するためには「コミュニティ」が大変重要であると考えています。Tableauコミュニティは #Datafam と呼ばれ、まだ真の意味でデータドリブン文化がすべての人に訪れているとは言えない現代にお…

高速SAのラーメンはなぜ美味いのか、鹿児島から青森まで全てのSAでラーメンを食べてきた。③

前回までのあらすじ なぜか鹿児島から青森まで高速道路をひた走り、全てのSAでラーメンを食べることになった。九州を抜けてついに本州入り。死にそうになりながらラーメンを食べ続け、宮島SAにて高速内ホテルを発見し宿泊したところまで。 この旅に課せられ…

海外で料理を作ると楽しい! でも日本にはストロングゼロがあるから

目の前に大きな葛籠(つづら)と小さな葛籠があったとする。この葛籠の持ち主はどちらかを自分にくれると言っている。すごい笑顔で「どちらかひとつどうぞ」と言っている。大人だから、「いやいや、いただけません」と返すけれど、向こうも「ぜひぜひ、どち…

シマヅ流・こうすればライターになれるよ講座 第2回「書こうか」

さて第2回目となりました、自称ライター・シマヅの「クソほども役に立たないライター養成講座」。 前回は「こういうことばかりしていると仕事がこなくなる」という元も子もないお話を実例を交えながらさせてただきました。未読の方はぜひ、目を通して唖然と…

プロからプロフェッショナルになるには。かもめんたる岩崎う大

かもめんたるの岩崎う大です。自己紹介をしますと僕はコントを中心としたお笑い芸人である傍ら役者であり、劇団の演出家でもあり、脚本家であり漫画家です。 先日のコラムではパラレルワーカーという働き方は結局は「自分」という者のプロフェッショナルにな…