アンドロイドのお姉さん SAORIさんが書いた記事一覧

自分の不幸を他人と比べる必要なんてない。自分が大事な私は傷つかずに生きる道を探していく

不幸や傷ついた経験さえもコンテンツにできてしまう世界の端っこにいて、それが良しとされるはやりの中にいて、でもそれで過剰に傷ついてしまうのならばそれは間違っていると言いたいです。おかしいことだと言いたいです。

不自由な働き方を変えるため、髪型を変えた。アンドロイドお姉さんの新しい挑戦

「アンドロイドを演じる時は黒髪のショートボブが、一番観客に説得力を持たせられる髪型だ」という認識があり、髪型を変えられなかった。外見のルールに縛られることなく自分のありたい姿で表現したい。そんな縛りが無くても見る人に説得力を持たせることが…

「持続化給付金」をきっかけに、有意義なお金の使い方について考えた

この前、申請していた持続化給付金(新型コロナウイルスの影響で売上が減少した事業者を支援するためのもの)100万円が振り込まれていました。 仕事が無くなったと嘆いていたフリーランスの友達も申請していて、お金に詳しくない私でもできるか不安でしたが…

他人の一方的な価値観の押し付けは気にせず、自分自身に向き合っていく

コロナ太りとルッキズム 緊急事態宣言のさなか、真面目に自粛生活をしていたら典型的なコロナ太りをしてしまった私です。 正直に言うと太った自覚は全くありませんでした。 体重計の数値もあまり変動はなかったし、ゆったりとした部屋着で過ごしていて、じわ…

新型コロナの影響で仕事が無くなり、家賃が払えず東京を離れたけど、ワクワクもしている

東京で一人暮らしをしていましたが、少し前から実家の大阪に戻ってきています。 感染拡大を防ぐべく、各自治体が県間移動の自粛を呼びかけている中、引っ越しをした私の行動は非常識だと思われるかもしれませんが、やむを得ない事情があります。 一カ月先の…

アフターコロナの世界で、アンドロイドのお姉さんがやりたいこと

≫ 「やりたいことをできるに変える」職場で働きませんか? こんにちは、アンドロイドのお姉さんです。 新型コロナウイルスの襲来によって人類が大きな危機に直面しています。 多くの方々が直接的、間接的につらい思いを余儀なくされている状況です。 そんな…

エンターテインメントは人を救う。好きなことを仕事にする。

人々を楽しませる娯楽という意味のエンターテインメント。私はすごいパワーを持っていると思いながら表現の仕事をしています。いま、日本中がコロナウイルスのせいで暗い空気に覆われています。 多くのイベントやライブは延期、中止になり、厳重な体制で決行…

スタチューパフォーマーについてアンドロイドのお姉さんが学んだことをアウトプット

こんにちは、アンドロイドのお姉さんSAORIです。「アンドロイドがインプットして学びを深め、それをアウトプットしていく」という連載ですが、4回目の今回はスタチューパフォーマーのじゅんいちさんにお話をうかがいました。 スタチューパフォーマンスとはど…

アンドロイドのお姉さんが『天国大魔境』石黒正数先生にインタビュー

アンドロイドのお姉さんが石黒正数先生の仕事場に こんにちは、アンドロイドのお姉さんSAORIです。「アンドロイドがインプットして学びを深め、それをアウトプットしていく」という連載ですが、3回目の今回は漫画家さんにインタビューしてきました。 今回お…

アンドロイドのお姉さんがバーチャルインフルエンサーについて学んだことをアウトプット

こんにちは、アンドロイドのお姉さんSAORIです。 「アンドロイドがインプットして学びを深め、それをアウトプットしていく」という連載ですが、今回は私とは逆側の存在だけども遠くない「バーチャルインフルエンサー」について学んでいこうと思います。 バー…

アンドロイドのお姉さんがe-sportsについて学んだことをアウトプット

アンドロイドのお姉さんが初連載!「アンドロイドがインプットして学びを深め、それをアウトプットしていく」という連載にしました。 今回のテーマは!! e-sports( 「electronic sports」 ゲームをスポーツとして捉える際の名称)。